2014年09月24日

C59のチェーンリング交換(9/24)


C59のチェーンリングを替えた。
インナーロー34-28Tだとヤビツあたりの普通の峠だと
こんな軽いギアはあまり必要ないし
平地でアウター50だと何だか推進力が足りないので
今度のチェーンリングは52-36とした。

K-FORCEでよく見られたデザイン。
何故これにしたかと言うと
これしか52-36が見つからなかっただけのこと。
まあ銀のギアから黒いギアになって
かなり印象が変わって良かったんではないか?

2014年09月23日

定例ヤビツ(#18 9/23)とCATEYE CC-RD500B


今日は出かけなくてもよいかなと思ったが
余りにも天気が良いので
午後からヤビツを1ッ本。


もう乗鞍も終わったのでそんなに追い込むこともなく
心拍155くらいになるようなスピードで。

#18 37分53秒 HR155

定例ヤビツ(#18 9/23)とCATEYE CC-RD500Bの続きを読む

2014年07月31日

怪しいカーボンホイール組んだ 続き(7/30)


とりあえず、
前輪だけ付けて試走してみた。
60mmディープクリンチャーリム+32Hは
さすがに剛性も高く
鎌倉山あたりの急坂でのダンシングなど
かなり自転車の反応がよくなった。
ただ重量は20gほどアップ。


なので早速後輪も組む。
こちらは11Sのリアハブなんて
そんなに余っていないので
今までのホイール(9000DURA+オープンプロ)を
ばらして使用。
ただいつでも戻せるように
スポークは丁寧にばらして保管した。


完成!なんか強そうになった。
このリム、全体はマッド調カーボンなのだが
ブレーキ面はツヤありカーボン使用になっていて
そのせいかわからないが
ブレーキのタッチも悪くなく効きも十分。
(シューはSWISSTOPイエロー)

2014年07月29日

怪しいカーボンホイール組んだ (7/28)


とある中古屋で見つけた
怪しいカーボンリム。
ハイトは60mmでクリンチャー。
もちろん1本1万円以下。


この通り作りは意外にしっかりしている。
店の札には何故か
内径13mmと但し書きがしてあったが
それって普通のサイズなではないのかと思う。

怪しいカーボンホイール組んだ (7/28)の続きを読む

2014年07月01日

マッドガード交換修理 (6/30)

大名栗林道で木の枝が挟まってひん曲がって
壊れてしまった26HEランドナーの
マッドガードの交換品がやっと届いた。


どう見ても本所のH47あたりのマッドガードとそっくりなので
そちらを加工して付けるという方法もあったのだが
パナソニックPOS販売店(Y'S)経由で
修理部品として取り寄せてもらった。
これだとほぼ無加工で付くのではないかと。

ただ金額的には本所の分割タイプを買うのより
ちょっと高い。


このランドナーももう10年以上も前だが
たぶん当時とほぼ同じ仕様で継続販売のはず。

マッドガードも裏側の色が変わったくらいで
ほとんど同じ?
フレームに付けるネジ穴などの位置も
全く問題はなかった。

マッドガード交換修理 (6/30)の続きを読む

2014年06月07日

C40 11速化へ (6/7)


9000DURAのSTIレバーは
マイチェンされてST-9001に

ST-9000と比べてみるが
見かけの違いは判らなかった。



まず7900のレバーを取り外す。

C40 11速化へ (6/7)の続きを読む

2014年06月06日

ホイールを組み替えた(6/5)


通勤に使っているC40だけ10速なのは
いろいろと不便なので11速化することにした。

手始めにホイール(ハブ)の組み替えを。
使用機会の減っていたリフレックスの手組ホイールの
9000DURAハブを使うことに。

まずばらした後スポークなどすべて再利用で組み替える。
イタリアン組なので上から通したスポークの左に
下側のスポークを入れて・・・・。



そして無事に組み終わって


そして振れ取り。
一度組んだものなので
センター出しも含めて簡単に終了。


とりあえず部品が全部揃うまで
シムを2枚かまして10速のままで使用。


2014年03月20日

ブレーキコンバート(BR9000-BR7900  3/20)


ヘルニアから来る握力低下のため
通勤で使う自転車のブレーキ操作が
つらくなったので
より利くブレーキということで
C59からBR7900をコンバートしてきた。
(STIはもともと79DURA)
もとが前77DURA、後ろGC9000の
軽量仕様だったのでだいぶ利きはアップするはずである。

そしてブレーキを取られたC59には
BR9000を買ってきて付けた。


左アームの支点の位置が変わって
左右のアームが同じ長さになったのが9000の売りだが
ブレーキを握った感じでは
剛性は7900のほうがずいぶん上のような気もする。
実際の感触はどうなのであろうか?

2013年10月20日

ボトルケージ交換(エリート カンニバル 10/20)


Extreme-Cにつけているボトルケージは
エリートのパタオカーボン。
このケージはホールドは良いのだが
横方向の融通は利かないタイプ。

ましてこのフレームはケージの位置が
スローピングにもかかわらずホリゾンタルと
同じような位置についているため
小さいフレームだと(450mm)このように
特にシートチューブ側はぬボトルが
トップチューブにあたってしまい非常に抜きずらい。


取り換えたケージは
エリートのカンニバル。

ボトルケージ交換(エリート カンニバル 10/20)の続きを読む

2013年08月28日

サドルを新調した(Extreme-C 8/28)


かなりピンボケだが・・・
Extreme-Cのサドル(セライタリア SLR旧モデル)が
だいぶ痛んできた。
この場所が破けるのは
このサドルではいつものこと。
軽量サドルだから皮が薄いので仕方がないか?


カタログデータでは135gなのだが
外して量ってみると142gあった。

サドルを新調した(Extreme-C 8/28)の続きを読む

2013年08月25日

アルテの11速コグ(8/25)


11速アルテグラが発売になったので
早速11-28Tのコグを買ってきた。
いつも通り軽量。250g。


ちなみにDURAの同じ歯数のコグは205g。
それと比べるとアルテのコグはかなり重い。


一番重量に関係してるのがこのロー側3枚。
歯の材質=チタン:鉄
スパイダーアーム=カーボン:アルミ
の違いによるようだ。

2013年07月25日

ボトルケージ替えた(C40 7/24)


C40のボトルケージを取り換えた。
まあ壊れたわけでもないので気分転換といったところか?

取り付けたのは
ELITEのCUSTOM RACEの
世界チャンピオン柄の黒。

重量は41g


もとはELITEのPATAO 74のカーボン柄のアルミの奴。
重量はちょっと重めで65g。



軽量化を図ったわけではないが
二つで合計48gの軽量化。

ただ以外とフレームに合わない?
通常カラーの赤もしくは黒×赤にすればよかった?

2013年06月25日

FFWD F2R240S 届いた!(6/25)


より軽くてしかも日常使い出来るホイールが欲しくて
海外通販(wiggle)でポチってしまった
ホイールがついに届いた。

買ったのはY久保隊長(F4R)、熊チョイおやじ(F2R+F6R)に
触発されてしまったわけではないのだが(されてるかも)
FFWD(FAST FORWARD)のロープロリムのF2Rで
ハブはDTハブの240Sのやつ。


これが課税証明書。
自転車なので関税は無税。
通関に伴う消費税+地方消費税がかかり
関税がかからないので取られないはずの
通関手数料200円は何故だかかかった。

FFWD F2R240S 届いた!(6/25)の続きを読む

2013年06月05日

NOTUBESの続き


何故かトラぶったCX-2へのシーラント投入であるが
もう一度試してみた。
今回は前回よりましな注射器(100円ショップ)が手に入ったので
30ccは2回で済んだ。

しかしこの独特のバルブ口・・・やりにくい。

7.5気圧まで入れてみたところ・・・


今回は大丈夫のようだ。

2013年05月31日

シーラント入れてみた。


Y'sで399円で売っていたNOTUBES。
この値段なら試してみようと思い購入。

普通にバルブコアが外れるものはこのまま入れればよいと思うが
問題はアルミバルブが根元から外れるVittoria CX2である。

さすがにこの方式は評判がいまいちなためか
モデルチェンジして普通の外れるバルブコア方式に
戻ってしまったがまだ買い置きが数本あるので・・。


100円ショップで買ってきた注射器。
本来は化粧品の小瓶などを詰め替えるのに使用するらしいが。

これは針が長いので画像のような通常のコアが外れるタイプも
CX2のような根元タイプもデイープリムについたものですら
問題なくシーラントを注入できるようになった。
ただこの注射器3ccしか入れられないから
必要量の30ccには10回の作業が必要であるが。

このNOTUBESは59cc入りなので
30cc入れるとして前後2本入れることができる。
問答無用でタイヤが30g重くなるのは癪だが
まあツーリングや練習には安心料ということで。

2013年05月23日

ヘルメット買った(catlike whisper deluxe)


ジロで大活躍のヴィスコンティを見て欲しくなったわけではないが
買ったのはcatlike whisper delixe。


今までのはLASのスクアーロ。
格好は良いのだがあまり暑くないイギリスの
メーカーの製品のためかちょっと暑く蒸れる。
しかも5年目とあってだいぶぼろくなってきた。


正面から見ると蜂の巣みたいで
結構異様な形状。

何故これにしたかというと
ワイズでこれが半額以下の9800円で
セールしていたからである。
(しかもいろんな店で大量にあって
2か月たってもまだ売っているので・・・。)

ヘルメット買った(catlike whisper deluxe)の続きを読む

2013年03月28日

11速化への道 とりあえず最終回 (3/28)

最後に残ったのはカンパのホイール(ユーラス)の11速化。
うちにあるのはアルミスポークになった最初のモデルだが
シマノ11速用として部品販売しているFH-BUU015X1が
付くそうだ。


でもどこも売り切れでまったく同じものである
フルクラムのRS-113を手に入れてきた。


そしてユーラスは今や貴重だと噂される
10速専用のアルミのフリーのもの。


5mmアレンキーとモンキーで
10速フリーボディを外す。
ちなみに逆ネジです。

11速化への道 とりあえず最終回 (3/28)の続きを読む

2013年03月20日

11速化への道 その4 (3/19)


とりあえず2台のcolnagoの11速化を終わらせた。
手前のExtreme-Cについているブレーキは
78対応のTRPなので79以降のDURAとは
ギア比というかレバー比が異なるので
厳密には互換性がないのだが
知っていても全くわからないぐらいで
問題はないみたいだ。


カーボンハンドル(3T MORE)との
相性はこんな感じ。
レバーは78と比べても
79と比べてもハンドルに近くなった。
さらにアジャスターもついているようなので
気になるならばもう少し近くできる。

11速化への道 その4 (3/19)の続きを読む

2013年03月06日

11速化への道 その3 (3/6)


コリマのmediumであるが
おそらく2004年くらいのもんなので
ハブは形は同じだがフリーボディは
旧型の溝なしのもの。
このようにシマノ純正の10速用のワッシャのほか
付属の2枚のワッシャを入れて10速を使うようになっている。


外した10速DURA-ACE(78)のカセット。
12-27Tで200gちょうどだった。


そして11速のカセット。
12-28Tで205gと1枚増えているのにわずか5gの増加。

11速化への道 その3 (3/6)の続きを読む

2013年02月20日

11速化への道 その2 (2/19)


今回はヤフオクで買った。

リアハブは9000化してあるので
今回買ったのは
STI、Fディレーラー、スプロケ(11-28T)、チェーン
そして11速用のチェーン切。

11速化への道 その2 (2/19)の続きを読む

2013年02月14日

キャップ付きのボトル

PM2.5が怖いからというわけではなく
都内を走っていると
排ガスやらアスファルト粉塵とやらで
ボトルの飲み口に黒い粒子がついてたりするので

やはり都内の第2京浜とか山手通りは
中国のことが言えるほど空気綺麗じゃないと思う。

よく見ると後ろ側についているツール缶と
色違いのおそろいですな。

2013年01月22日

11速化への道 その1 (1/21)

DURA11速化へのまず第1弾として

豪勢な箱に入ったこいつから・・・。
空け方間違えていきなり箱破いてしまった。


フリーハブFH-9000。
黒塗装されたハブだが
前みたいにバフ掛け仕上げのほうが
DURAの何にあってると思うし高級感もある。
ただ仕上げは非常にきれいなのだが。


そして交換する元はこの78のハブで組んだホイール。
このフリー、アルミボディの10速専用のもの。
そこそこ気に入っていたのだが
11速化の準備ということでお役御免。

リムもスポークもニップルも再利用するので
丁寧に解体する。

11速化への道 その1 (1/21)の続きを読む

2012年11月09日

ヘッドライト変えた(アクスレン HB-122コブラ)


単3を4本使用のキャットアイHL-EL530から
単3,2本のアクスレン HB-122コブラに変えた。


EL530は単3、4本使用とあって200gオーバー。


コブラはさすがに125gと結構軽くなった。

EL530は電池の持ちはカタログ上90時間だが
実際少しずつ暗くなるので
実用的には2,30時間か。

対してコブラは
フルパワー:5時間
シティエコ(1灯):18時間
フラッシング:54時間
だがE3回路付なのでギリギリまで明るさは変わらないはず。
ちょっと試したところシティエコでも結構明るい。



短い上にステムの真正面につけられるので
ハンドル周りがだいぶすっきりした。

さて来週実際に使ってどういった感じだろうか?楽しみ。

2012年10月25日

3Tティラミス


第2京浜は戸越付近を除くと
結構信号間が長くて
DHバーが活躍しそうな場所も多い。

そこで以前つけてみたのを思い出して
押し入れの中から探して出てきたのが
この3Tのティラミス。
ハンドルの中に納まるということで
一時ロードレースでも装着可能だったので
ツールなどでもルーラ系の選手を中心に
結構つけていたが
ルール改正で禁止になって
あっという間に見かけなくなった代物。
同様なものはチネリにもあった。

ライトとかワイヤーとか結構ハンドル周りが
ゴチャゴチャになってしまったが
まあ仕方がない。

これでこのままの状態・・・・
ライト2個、テールライト、カギ装備、
重量級フカフカサドル、枠付きSPDペダルなどの
重装備状態にもかかわらず
意外と軽い9キロジャスト。

2012年10月18日

TRPのブレーキ付けた(10/18)

最近HCのテンションが落ちているので
我が家のHCマシンであるExtreme-C
を最近モチベアップのため弄りだしている。

サガミでTRPのブレーキが半額だったので
買ってきた。
熊チョイおやじが付けているマグネシウムの奴は
売り切れてしまったので
実はこっちの方がカッコ良いのではと思える
アルミCNCのR960の赤にした。

まあマグネシウムは腐食しやすくって
先日もマグネシウムのステム折れたばっかりだし・・・



恒例の計測タイム!
まずは前用から。
さすが!カタログ重量ピッタリの120g。
実はマグネシウムモデルとは5g位しか違わない。
剛性はこちらの方が上らしいから
まあ一長一短といったところ。


元の77デュラは161gだったから
これで41gの軽量化。
シューはこのスイスストップを
流用したから1個当たり2g増えて
結局37gの軽量化。
77デュラはキャリパー自体の軽量化のしすぎで
あまりタッチは良くないブレーキ本体だったが
それに比べてどうなんであろうか?
室内で握った感じではそん色ないような感じではあるが。

TRPのブレーキ付けた(10/18)の続きを読む

2012年09月26日

C40のペダル交換

通勤として使っているC40だが
PD-M520 SPD ペダルを使っていたのだが
ベアリングが寿命のためか
バキバキ盛大な音がなうようになったので
買い替えることにした。


まずは外したPD-M520であるが
重量はカタログ重量を2g下回っていた。
両面SPDではエントリーモデルになるのだが
他のツーリング用の等の片面SPDペダルと
比べると格段に作りは良い。


で新たに交換したペダルは
Shimano XT PD-M785。
トレイル用のケージつきのものであるが
さすがにXTグレードだと作りがずいぶん良くなってくる。
ケージも金属だし。
重量はこれもカタログ重量より1g軽い407g。
まあケージつきなので
元のペダルより重量がかさむのは仕方がない。


この新シリーズのSPDペダルだが
「前モデルPD-M770に比べ、シューズとペダルの接触面が8.5倍」
ということでぺだリングフィールがずいぶん改善されているという話だが
確かに、ロード用のペダルに近い安定感で
SPDは接地面が小さくてなんかぺだリングフィールが
イマイチといったことはなくなってきた。

2012年09月09日

ステムが折れたので交換、そして定例ヤビツ(#08 9/9)


朝、走りに行こうとしたら
Extreme-Cのマグネシウムのステム
(ITMのTheSTEM 100mm)
が折れているのを発見した。
このステム折れるという事例が散見される
いわくつきの軽量ステムだが
かなり持った方だと思う。

イオン化傾向の高いマグネシウム合金だけあって
よく見ると汗などでかなり腐食がみられる。



急遽、出かけるのを中止にして
ステムを買いに行った。
今回はちょっと冒険してみて
3TのARX-TEAM100mmのー17度(73度)の奴。
軽量ステムで売り出しているものであるが
ほぼカタログ(120g)通り実測122gは立派。


で元のステムを計ると
やはりマグネシウムステム、しかもノーマルサイズハンドル用とあって
101gと群を抜く軽さ!
まずは21gの重量アップになってしまった。

ステムが折れたので交換、そして定例ヤビツ(#08 9/9)の続きを読む

2012年09月03日

コンパクトクランク付けた (9/3)


ここ2年くらい、登りでも常用ケイデンスが高くなってきたためか
どんどんギヤ比が小さくなってきて
通常の山岳ではまあ本気で登れば
39×25Tでまあケイデンス70とか80は維持できるのだが
もうちょっとミドルでの練習を多くしたいので
ちょっとギア比を下げるために
Extreme-Cのクランクをコンパクトにした。

ヤフオクで買った中古のイタリアンのBB付のFSAのSL-K Right
このイタリアンのBBと言うのがミソで
実際FSAのイタリアンのBB付って
意外なほど出回っていない。



やはり左クランクの8ミリレンチは結構固く
ウェブワッシャがこのくらいになったところで
もう回らなくなったので終了。
ガタもないしこれくらいでよかろう。

これで山岳もミドルとかLSDレベルで練習できるようになった。

2012年07月26日

ブレーキシューの交換(SWISSSTOP)


1年半前にマイナーチェンジして
制動力が増したという話のSWISSSTOP。

アルミリム、カーボンリム両用のシューは
ほとんど存在していなく
このフラッシュイエローは
アルミとカーボンのホイールを
ちょくちょく入れ替える使い方には
本当に便利。


はずした古いシュー。
SWISSSTOPの字が消えるくらいすり減っている。



新しいシューを付けたところ。
ブレーキの引きの調整が
アジャストボルトで調整できる範囲を
当然のようにはるかに超えていたので
ワイヤーをちょっと調整して完成。

2012年04月22日

定例ヤビツ(#03 4/21)とC59シェイクダウン


午前中は天気が持ちそうだったので
C59ITARY150THのシェイクダウンはヤビツへ。


せっかくだからコリマで。
この仕様(ポンプ、メーター、ボトルケージ装備)で
重量は7.1kgと意外と軽い?

最近の自転車の傾向としてヘッド周りの
剛性アップのためにヘッドチューブが
長くなる傾向があって
小さな人にはなかなかポジションが出にくいが
このC59は低い方のキャップでステム直付け状態で
予定のハンドルの高さになった。

ただ79DURAのブレーキレバーに慣れていないせいか
1日中なんだか違和感がある感じだった。
ブレーキレバーの位置とハンドルのしゃくりに関しては
しばらく要調整と言ったところか・・・。

定例ヤビツ(#03 4/21)とC59シェイクダウンの続きを読む

2012年04月21日

C59 ITALY150TH 来た!

4ヵ月待ってやっと来た。
COLNAGO C59 ITALY150TH記念モデル。
久しぶりの新車だし
どうせ1,2年で手放すこともないだろうから
ということでせっかくだから
思い切って限定カラー。

世界限定150台だそうだがそんなに売れるのだろうか?
電動DURA仕様もあるのだが
電動変速ってなんか越えてはいけない一線を
越えてしまってるような感じもするので
通常のワイヤー仕様をオーダーした。


限定モデルなので当然正規代理店経由のもの
ご覧のようにNBSの保障と正規代理店シールも付いていた。
あとはイタリア製造COLNAGOおなじみの小冊子。

通常モデルだったら今時は
海外通販で4割引き以下で買えるのだが・・・
限定モデル(注文生産に近い)ということもあり
定価+1割相当のパーツサービスということで。


今回はSTIとブレーキのみ79DURAを付け
残りはC40から78DURAを移植した。

C59 ITALY150TH 来た!の続きを読む

2012年04月16日

C40組み替えとビアンキバラシ


熊チョイオヤジから買ったアルテSLのクランク。
「ペダルはあげないけど外れなくなっちゃったら
なんとかして外してペダルだけ返して」
という話なのでペダルレンチで
二人でぐいぐい力を入れたらやっと外れた。


コルナゴC40はとりあえず実戦からは引退。
新しく来るC59にDURAを引き渡すために
解体と思ったがビアンキよりパーツを移植。
あと熊チョイオヤジから買ったクランクを付けて・・・
と思ったら熊チョイオヤジからもらった
箱の中にアルテSL一式全部入っていた。

メールで聞いたらあげるのはアルテ
SL全部だよというではないか!!!
神のようなお方だ・・・これからは熊チョイ様と
呼ばせていただきます。

ということでとりあえずRDもアルテSLに。


部品を取られたビアンキは
しばしの休眠へ・・・。

2012年02月08日

Panaracer Race D 

ガン鉄Bianchiに
Panaracer Race D 付けてみた。
サイズは23C。

実測幅はほぼ23mm。
同じ23CのRace Aより1mmくらい太い。

乗った感じは昔のDUROとまったく変わらない。
でもPanaの新品タイヤの
独特のヒラリ感と粘りっけのあるグリップ感は
乗っていて楽しい。
まあ1000kmも走れば台形になって
普通のタイヤになるけど。

2012年01月27日

組んだホイールと・・・

先日組んだDURAハブ+OPENPROホイール。
スポークテンションも決まってまあまあの感触。
クロモリフレームにはやはり銀の手組ホイールが似合う。
せっかくだから家にあったタイヤもCORSA CX レボに
替えてみた。

ただこのタイヤもう寿命が近い。

2012年01月16日

あじゃさんから買った(その3)

そして通販でMAVIC OPEN PROと
14番のスポークを買って
またまた恒例の体重測定。


保護用のラップを付けたままで
437gとカタログより2g重いだけ。
シマノといいMAVICといい
何処かのラテンの国とは大違い。


そしてチャッチャとハブにスポークを通してゆく。
今回スポークはちょっとケチって星。
DTと比べると首が飛ぶことが少し多い気もするが
まあ1本5円安いからねぇ。
古くならなければそう簡単にスポーク切れなんて
ないからね。

あじゃさんから買った(その3)の続きを読む

2012年01月10日

あじゃさんから買った(その2)


先日あじゃさんから買ったホイールだが
組んだ人には申し訳ないがクリンチャーリムに変えるのと
組み方(細いスポークで組んで結線して強度を出す)が
あまり好きではないのもあって
とりあえずハブを使うべく解体に取り掛かった。
アルミニップルなのもあって面倒なので
ワイヤーカッターでバッキンとスポークを切断。
結構テンションが高く組んであって
切った瞬間スポークがはじけ飛ぶのがちょっと怖かった。

そしてバラした後は
恒例の体重測定。

あじゃさんから買った(その2)の続きを読む

2012年01月06日

あじゃさんから買った


ガン鉄ビアンキのホイールを少しまともなものにしたく・・・。

ハブはDURA以外考えられないのだが
DURAハブは使い回し使い倒しがデフォらしく
ヤフオクでも77系以降のタマはめったに出ない。

でも突如あじゃさんが以前に使っていたホイールを
5千円で売ってくれるというので二つ返事で買った。
この値段で77DURAのハブが前後手に入っってラッキー!
あじゃさんありがとう!
実は78以降のアルミのフリーボディより
77のチタンのフリーボディーのほうが
日常使いには向いていると思っていたりする。

このホイール、とある方が組んだそうだが結構マニアック。
スポークはチャンピオン1.8でフロントはラジアル組、
リアはイタリアン6本組で結線済み。
1.8mmのやっこい感触をフロントはスポーク長を短くすることによって
リアは結線することによって少しカシッとした感触にしようと言う根端か?

でもクリンチャーにしたいし、スポークもこの仕様だと
耐久性に???がつくので
速攻ばらしてしまう予定。

とりあえずタイヤ(CXエボ)はすぐに外して
年末にパンクしたホイールに付けた。

とりあえずリフレックス(ブルー)は予備部品として保管。
もう一個のタイヤ(CXの旧旧タイプ)も予備部品として保管。
スポークは変態的な仕様なのでこれは再利用できないなぁ。
アルミニップルも1.8mmようだから捨てか?
熊チョイさんいる?

2011年12月28日

リムとスポーク交換

Reflexをつぶしたのでまたまたリム交換。
今回はスポークも交換することにした。


リムは前と同様MAVICのReflexのCD。
リム単体で重さを量ったら387gでほぼカタログ通り。

スポークはフリー側DTチャンピオンの2.0(#14)
反フリー側DTコンペティションの2.0-1.8。
ただ間違えて黒を注文してしまったが
まあめんどくさいので今回は我慢する。

でサクサクとハブフランジに通して


15分くらいで仮組終了。
いつも通りイタリアンの6本組。
そしてここから全体を均等に好みのテンションまで
ニップルを締め上げて
そして縦触れ-横触れと取って
センターを出して
30分弱でホイール組は終了。
本当にReflexはくみやすいリムだと思う。

リムとスポーク交換の続きを読む

2011年10月16日

黄色いすごい奴


黄色い奴と言えば
この男、A.コンタドール。
その去年のツール3勝記念の黄色いKEO2Maxが・・
もう手に入らないと半分あきらめていたのだが

熊チョイオヤジから
「サガミで昨日買ったよ!
もう1個あったよ!」

速攻で買いに行きました!

サガミでは親切にも
クリートもグレーからレッドに取り替えてくれた。

素晴らしい!
よい色だ。

黄色いすごい奴の続きを読む

2011年10月07日

強力尾灯

キャットアイのTL-LD570-Rリフレックスオート。


取り付ける場所に苦労したが
その効果は抜群!
ヘッドライトより眩しい!

2011年09月11日

定例ヤビツ(#10 9/11)とパナレーサーTypeA


#10 44分01秒 HR153
蓑毛坂の2段目あたりであまりの暑さからか
具合悪くなり以降ただ登るだけになってしまった。
ほぼ38×25Tのインナーロー状態。

定例ヤビツ(#10 9/11)とパナレーサーTypeAの続きを読む

2011年09月05日

HL-EL530

買ってみた。

早く使いたくて楽しみにしていたら
夜になったら雨が降ってきた。
残念、また明日。

2011年08月27日

ビアンキちょっと整備


今日サガミにチューブラータイヤ買いに行ったら
このサドルが籠にいっぱい入って特価で売られていた。
セライタリアのXOフローの白。
この手のフカフカ系サドルは
あんまり好みではないのだが
この自転車は普段普通のズボンで乗ることが
ほとんどなのでかえって都合が良い。
そして白なのはデザイン的な意味よりも
ズボンのお尻が黒くなることを
嫌がってだけのこと・・・。

さっそくつけてまたがってみると
かなりやわらかい。
さあ月曜日以降どうなることやら・・・・。


そしてボロボロになっていた
チェーンプロテクターも張り替えた。
これだけで自転車が見違えるように
綺麗に見えるようになる。

2011年08月01日

インソール


石井に山用品を買いに行ったはずが
メーカーのインソール講習会?をやっていたのが運のつき・・・。
カスタムで作ってしまった。
Supefeetのカスタムブラック。

普通はこの手のインソールは荷重状態で作るのだが
これは脱力状態で作成する。
これを使ってみると足の外側で荷重する感覚になる。
これが本来のまっすぐ力が入る荷重位置だそうだ。
実際履くと足裏は丸まるそうで
ただでさえ甲がギリギリの
このSIDIのシューズはかなり不安だったが

実際に走ってみると
1.常用ケイデンスが5から10くらい下がった。
2.バックルやベルクロが今までよりずっと締めた位置になった。

1に関してはおそらく力が入りやすいのと
この荷重ポイントに慣れてないためだと思われる。

2に関しては今までいかにゆるゆるで走っていたか
実感したわけだであるのだが

タイム計ってみても特に速くなったとか
そういったことは一切なかった・・・。

2011年07月16日

散財2題


まずは頑鉄BIANCHI号の
ボトルケージが壊れたので

エリートのカスタムレースの
しかもイタリアナショナルカラー。
普通の色より数百円高い!


そしてこのジャージ。
ファーストコッピ没後50周年。
去年売っていたはずだが今年入荷した?
パッと見て衝動買い!
コッピのように山を軽々登れたら・・・

2011年05月26日

SLRフロー


セライタリアのSLRシリーズも
今年から型が変わって2代目となった。

このSLRフローも前作Gelフローに代わって
ラインアップされたものみたいだ。

大幅に軽量化されて160gになった。
重量が増える前のSLRXPよりも軽い。

一番気に入ったのが
SLRの弱点の一つであった後ろの角の部分が
立てかけたりするとすぐに擦れて破ける
というところがこの部分の型を変えて(少し下まで伸ばした)
あるところ。

あと真ん中の「穴」が大幅に小さくなって
フロー系の違和感はあまりなくなったと思う。

2011年04月17日

リム交換

先日、地震の次の日だったと思うが
ビアンキ号が車後輪を軽くこすられ
リムが歪んでしまったらしく
なんとか振れは取れたものの
テンションがバラバラになってた。

そこで

通販でリムを買った。
ALEXのDA-22.
送料入れたら定価より
高くなってしまったが・・・。


そして組み替えた。
やはりこの手の台湾リムは
スパッと気持ちよく組めない。
制度の問題なのか
細かい振れを取るのに時間がかかる。

2011年03月19日

折り畳みチャリ


オリンピックで買った。
チューブラータイヤ2本分くらい(CX)の値段で
シマノのハブダイナモと自動センサーライト付き。
しかも6段変速、フルマッドガード付きで
路面が濡れていても坂道もとりあえず
大丈夫。
ただ我が家では間違いなくダントツで一番重い!
しかも知っている名のパーツは全くついていない。
恐るべしキャプテンスタッグ!

決して地震の影響で買ったわけではない。

2010年12月03日

ベアリングプーリー


 
DURA-ACE以外のRDのプーリーはベアリングが入っていない。
だから使い込んでいくと動きがしぶくなってキュルキュル鳴るようになったり。

どうせ取り替えるならとこれ付けてみた。
ACORの赤い奴。

2010年10月15日

メチャノビ

普通の服でロードに乗ると
サドル革の色がズボンに移って黒くなったり
ズボンが異常に痛むようになる。


で買ってきたのがこれ。
「メチャノビ」、東急ハンズで500円くらい。

でもさすがにさすがに薄いSLRは
無理があったようで


なかなかうまくならなかったが
あっちこっち引っ張ったりして
何とか写真の状態にまで持ってきた。

サドルカバーが折れてケツが痛くなって
しまわないレベルにはなった。

まあ他の良いものが見つかるまで
しばらくこれで我慢だな。

2010年09月28日

Reflexリム交換


今回はリムの未交換なのでリムを外す前に
交差部分をテープで固定する。
こうするとスムーズにリムを交換できる。


お約束の計量・・・。
400gを超えることの多いreflexだが
今回はカタログ重量に近い385g!
(カタログ重量は375g)
これは当たりか?


リムを交換して
縦ブレをとって横ブレをとって
センターを出して
もう一度・・・・・
で小一時間ほどで完成。

Reflexは比較的組みやすいほうのリムだと思う。
(最近Reflexしか使ってないから新しいのはよく知らんが)

2010年07月27日

秘密兵器!

今日サガミに寄って秘密兵器買ってきた。

左が今回買った67アルテの11-28T。
いくらなんでもワイド過ぎるだろう!
そこで右は66アルテの12-25T。
まあデュラも持ってるけどアルテ同士ということで・・・。



それをこうやって・・・・・
・・・・・
・・・・・

秘密兵器!の続きを読む

2010年07月07日

グロ-ブ買った

パールイズミのメッシュ。
Mなのだがちょっと小さかったか?

2010年05月18日

またイカレタ!


FSAのオメガコンパクトのBB。
以上に回りが渋くなって変な音までするので
外してみたら完全に固着して回らない状態だった。
で樹脂製のスリーブ状のものがが空回りして
一応クランクが回ってただけだった。

このBBが壊れるの2回目。
しかもFSAだけしかない19mm軸。
ヤフオク位でしかまず手に入らない、この規格のBB。
っま凄くチャイナぽい作りで
安いんだから文句言うな的!

なのでもうFSAのこのクランク使うのやめた。
というより今後一切FSAの製品買うのやめた。

2010年04月18日

ホイール変えた!

巌鉄ビアンキ号のホイール(WH-R500)が
おそらくもうリム交換しなければ使用不能なくらい
どうしようも無くなったので
ヤフオクで中古のホイールを買った。

GIANTのTCX-2についていたホイールで
リムはALEXのDA22というやつで
ハブはFORMULAの製品みたいだ。
何故これにしたかという決め手は
前後とも32Hのリムと普通のスポークを使ってること。
そうあとでいくらでも組み替えることができるのだ。

前輪はストレート組。
おそらく何よりも見栄を重視しての組み方だろう。
でも気に食わなかったら前述の通り
スポーク買ってきて6本組イタリアンにでも組み替えれば
良いし、ハブも普通のアルテとかデュラに変えても良い。

ホイール変えた!の続きを読む

2009年12月15日

Vittoria CORSAエボCX-2


何年か前の円高の時に大量に買いだめていた
チューブラータイヤがなくなったので
何年かぶりにチューブラーを買った。
前回の円高の時にはみるみる安くなった輸入タイヤが
今回の円高ではなぜだか高止まりのままなので
新品をこの価格で買うのはなんだか嫌なので
今回はヤフオクで中古に手を出してみた。

買ったのはVittoria CORSAエボCX-2
100km使用が2本と300km使用が1本に
80mmのバルブが2本付きで金額は
新品価格の半分といったところ。

Vittoria CORSAエボCX-2の続きを読む

2009年12月10日

ユニクロのヒートテック


自転車のアンダー、とくに冬用は
ボッタくりに近いほど高い。

そんなときの強い味方はユニクロ!
ヒートテックは自転車でも使えるか?
まずは上。これで1500円くらい。

ユニクロのヒートテックの続きを読む

2009年07月31日

キャットアイHL-EL135

先日雷雨でびしょびしょになったら
ライトが壊れてしまったので
新しいライトを買った。

左が壊れたHL-EL120、右が勝ったHL-EL135

EL120の後継製品としてEL130というものがあるのだが
大きさも重さもほとんど変わらないEL135にした。
値段も100円くらいしか変わらないし。

EL130や古い120と大きく違うのは3灯LEDということ。

キャットアイHL-EL135の続きを読む

2007年11月27日

スタンド

071127
カンパのニュークイック。
どうやってもスタンドがすぐ外れるので
ミノウラのDS-510というスタンド
これだとクイックの形状に関係なく
後輪を上げて立たせることが出来る。

あじゃさんや熊チョイさんが
よく車で自転車運ぶときに
持ってきていた奴だが
そこそこの値段なので
良いなあと思いつつ買いはしなかった。
サイクリーで中古があった。
税込みで1350円だったので買った。

まあサイクリーは
一時盗難車が大量に出てきたり
買い取り値は異常に安く、
売値は整備をまったくしないのに高いなど
結構問題の多いブランド中古店
(あえて自転車店とは書かない)なんで
たぶん使うことないと思っていたが・・・

2007年09月25日

リム交換


秦野峠林道のグレーチングに
負けたリムを交換した。
前はギンギンにテンション上げていて
ニップル緩めるのも大変なくらいだったが
今回は少し落としてみた。

ところでリフレックスの
ラベルが少し変化していた。
2枚だったのが1枚に
コストダウンか?
色もこのCDのほかは
シルバーだけになって
セラミックもブルーもなくなっていた。
時代の流れか?

2007年06月03日

タイヤ替えた


ユーラスのタイヤ替えてみた。
25Cだけどパナのデュロが
意外とよかったので
今度は
エクストリームバリアント2の20C。
幅は実測21mmだった。
どんな感じかはまた来週。

2007年05月18日

変な日焼け防止

これからの季節変な日焼け防止のため
夏用のUVグローブと
メッシュのUVアームカバー買った。

2006年07月23日

ユーラス

昨日買ったユーラス。
走ってきてみた。

空力もまあまあ
踏み出しの軽さもまあまあで
これと言った特徴はないが
非常に剛性感の高いホイールで
結構好印象。

さすがカンパンニョーロだけあって
ハブの出来がものすごく良い。
ほっとくといつまでもまわってる感じ。

ところでクラシックプロヤフオクに出しました。
いかがでしょう?

2006年02月21日

タイヤ履き替えた!


2000kmも越えたことだし
ビアンキ号のタイヤを履き替えた。
Extreme Duro の25C。
言われているほど乗り心地は硬くない。
それどころか9気圧だと
Zaffiroよりも全然良いくらい。
走りは噂どおり軽い。
これで耐久性がうたい文句どおりだったら
結構使えるタイヤかも。

で外したZaffiroは
トレッドの厚さが半分くらいで
まだ1000kmくらい持つかな?
と言うくらいの状態だった。

2006年02月11日

カギ

オリンピックで良い物見つけた。
シートポストに付けるカギでなんと
LEDのフラッシングライト付き!

しかもかっちょいい片山右京のUGOブランド(爆)
2LEDで意外と明るく点滅する。
あとはどのくらいの耐久性があるかが問題なのだが。。。
ちょっと取り付け部がちゃっちいかな?

2005年12月07日

ハブダイナモホイール

<
ライトはこんな感じ


ハブダイナモホイールなんだが
走ってても重く感じないし
タイムも変わらないのに
体力が削り取られてるような気がする。
なんか疲れる。

フロントだけで1300gという重さも影響か?

まあ明るさには代えられないけど。。。

2005年12月05日

ハブダイナモ

夜間走行が長いので
シマノのハブダイナモホイール買った。
結構明るい!

2005年07月13日

SWISSSTOP

ブレーキシューをSWISSSTOPの黄色い奴に換えてみた。
結果良く効きすぎて前に転がりそうだ。
ちょっとリムのカーボンが削れそうな
音がするのがいやだけど・・・。

2005年07月06日

秘密兵器

秘密兵器を遂に投入。
カーボンホイール、コリマのミディアム。
でも計ったらカタログ重量よりずいぶん重かった。
早速走ってみたところ、ずいぶん乗り心地が良い。
しかもカーボンフレームのコルナゴに加え
カーボンリムがロードノイズを完全に消し去ってしまって
スピード感が全然なくなってしまった。
でも、いつもより1~2枚重いギヤ踏めるから
きっと速いんだろう?
ただシマノのカーボンリム用のシューつけて走ったのだが
ブレーキの効き方がアルミリムと明らかに違う。
慣れるまで相当怖いかも。

2005年06月07日

チェーンリング変えた!


C40のFSAのチェーンリングは変速性能がいまいちなので
ヤフオクで落札した78デュラの53Tに変えた。
デザイン的には重そうだが計ったら
なんとFSAのチェーンリングより軽かった。
デザイン的には微妙。。。。。。。。

最近の話題

  1. C59のチェーンリング交換(9/24)
  2. 定例ヤビツ(#18 9/23)とCATEYE CC-RD500B
  3. 怪しいカーボンホイール組んだ 続き(7/30)
  4. 怪しいカーボンホイール組んだ (7/28)
  5. マッドガード交換修理 (6/30)
  6. C40 11速化へ (6/7)
  7. ホイールを組み替えた(6/5)
  8. ブレーキコンバート(BR9000-BR7900  3/20)
  9. ボトルケージ交換(エリート カンニバル 10/20)
  10. サドルを新調した(Extreme-C 8/28)
Template by Dr.Blog