2014年08月07日

水上水源ツーリング 2014夏(8/6)


熊チョイいオヤジと平日ツーリング。
熊チョイおやじとはなんと1月の伊豆以来。

いつもの水上水源ツーリング同様
川場を出発、
利根沼田望郷ラインを気持ちよく西進。


最初の石神峠は平和に通過して
ノルンのスキー場を正面に
望みつつ下る。


そして谷川岳ビューポイント。
もうすっかり夏山の装い。

水上水源ツーリング 2014夏(8/6)の続きを読む

2014年05月24日

榛名赤城群馬2大HC (5/24)


スタートは苗場から三国トンネルをくぐった
三国峠の群馬側。
一旦湯宿まで下る。


湯宿から右折してちょっと上って匠の里。
今年の三国連峰の残雪は
例年よりかなり多い気がする。

榛名赤城群馬2大HC (5/24)の続きを読む

2013年06月30日

上州3峠(大道峠、二度上峠、暮坂峠 6/30)


最初苗場もしくは三国峠の群馬側から
スタートしようと思っていたが
三国峠の群馬側が結構なウエット路面だったので
路面がドライになるまで来るまで下って
この永井からスタートすることにした。


そして本日最初の峠はこの大道峠。
標高は手元のスントの表示だと775m。
湯宿から匠の里を通って
標高差300m弱のプチ峠だが
中之条へは400mほど下る。


中之条からこの大戸の関所跡を通って
倉渕方面へ登る。

上州3峠(大道峠、二度上峠、暮坂峠 6/30)の続きを読む

2013年04月20日

二度上峠を1度も登れない・・・ (4/20)


吾妻線のとある駅に車を置かせてもらう。
気温は5℃くらいしかなく
真冬並みの寒さ。


スイセンの咲く裏榛名を上る。
大会などのコースになっている榛名神社コースに
比べるとまったく人気がないこの道。
自転車は一人すれ違っただけだった。
12キロで750m上るのでまあまあの斜度。

二度上峠を1度も登れない・・・ (4/20)の続きを読む

2013年01月13日

2013新春つくばツーリング(1/12)


利根川沿いの道の駅に集合。
今日はLSDツーリングという話だったが・・・



つくば周辺の道は交通量も少なく
また信号もあまりなく非常に走りやすい。
そのためかLSDだったはずが
常に35km/h以上の速度で走る。
全然LSDじゃぁない!


そしてナカジ選手と待ち合わせの
つくばりんりんロードのつくば駅へ(旧筑波鉄道)。
残念ながらこのホームは末端部分を回収したもので
現役当時の姿ではない。

ちなみにここまでの約35キロの平均速度は29.7km/h。
やっぱりLSDではなかった。

2013新春つくばツーリング(1/12)の続きを読む

2012年10月28日

紅葉の小松原林道完抜 (10/27) その3

紅葉の小松原林道完抜 (10/27) その2 より


そして千倉沢を超える橋に到着。
ここから道は九十九折れの登りになる。
ここ数年この九十九折れを
通過できた車両はないのであろうか?


そしてだんだん道が路面に被る土の量が
多くなってきた。
この先は道が完全に埋まっていて
獣道状だった道が完全に消失していた。
ただ路盤は崩落していないようだ。
対岸から見てもこの区間は道の形跡が消えていた。

この区間、20メートルほど担ぎが必要だったが
その後なんとか道の続きを発見できた。

紅葉の小松原林道完抜 (10/27) その3の続きを読む

紅葉の小松原林道完抜 (10/27) その2

紅葉の小松原林道完抜 (10/27) その1より


転回場とおぼしき広場の先には
こんなトトロの入り口状態に・・・

いよいよ小松原林道第2幕へ突入。



そして藪漕ぎしながらの進行になる。
ただ路面はそんなに悪くはなく
ほぼ100%乗車可能。


ときどき藪がなくなりパッと視界が開ける。
おそらく車の交換スペースだったりするのだろう。
背景は神楽峰(左)と苗場山。


こんな木造の珍しい排水溝も。
ただ蓋はどれもなくなっているので
気を付けないとはまってしまいそうである。

紅葉の小松原林道完抜 (10/27) その2の続きを読む

紅葉の小松原林道完抜 (10/27) その1


朝の苗場地区は雨が降っていて
出発が遅くなってしまったので
チョット端折って標高900mちょっとの
このかぐらゴンドラ乗り場からスタート。
スキー場オープンまであと1ヶ月弱。
圧雪車の整備中。
苗場地区と打って変わって快晴で
雨の降った形跡もない。


和田小屋へ向かう道を1.5キロくらい上り
この場所で右へ折れ、小松原林道へ。
それにしても紅葉が真っ盛りである。


そして道はゲレンデ(ゴンドラコース)を横切る。
かぐらの秋は短い。
あと1ヶ月もすれば
ここは真っ白に雪化粧される(希望)。


そしてゲートである。
いよいよ小松原林道の第1幕が始まる!

紅葉の小松原林道完抜 (10/27) その1の続きを読む

2012年10月21日

2012水上紅葉ツーリング(10/20)


例年通り、川場田園プラザを出発。
今日は少し暖かい。


今日は熊チョイオヤジのほかに
かつて花見の時期川沿いのサイクリングロード
にしか現れないことからNコンの幻のサイクリストと呼ばれた
P松さんが参加。
まずは無難に石神峠をクリア。


そしていつもの谷川岳スポット。
谷川岳全体がオレンジ色に染まっている。

2012水上紅葉ツーリング(10/20)の続きを読む

2012年08月17日

草津志賀から津南、越後湯沢へ(8/16)


今日の出発地点は中之条。
8時の時点でもうすでにかなり暑い。


朝食を取らずにそのまま出発したら
最初の暮坂峠の登りで
早くもハンガーノックの症状。


今日最初の峠とは思えぬほどスローペースで
暮坂峠に到着。
すぐに六合へ向けて下る。

草津志賀から津南、越後湯沢へ(8/16)の続きを読む

2012年05月28日

水上水源ツーリング 2012春(5/27)


川場を8時に出発。
今日は熊チョイおやじと差し

最初の峠は石神峠。
まずは軽く先着。
そして水上へ向かって下る。


そして谷川岳ポイント。
今年はいつもの倍くらい
雪が残っているらしい。

水上水源ツーリング 2012春(5/27)の続きを読む

2012年05月06日

2012GW最終日苗場より(5/6)


GW最終日。
予報は午前中はもつということだったので・・・。
とりあえず三国峠へ。


苗場方面を振り返る。
後ろの山々はまだ真っ白だが
次来るときはもう緑色になっているだろう。

2012GW最終日苗場より(5/6)の続きを読む

2011年10月10日

かぐらまでヒルクライム(10/10)

いつも通りみつまたの駐車場に車をデポっる。
その入り口に

先日の台風で流された橋のこと

でそこまで行ってみる。

ワンスパン完全になくなってる!
ダンプが何回も何回も
土を運んできていた。

かぐらまでヒルクライム(10/10)の続きを読む

2011年10月09日

大渋滞の志賀草津道路(10/9)

今日は中之条出発。
全行程嫁の伴走車付き。
一つ目の峠は暮坂峠。
ただこの峠少しなめていた。
草津側は大したことないが
中之条側は標高差は大したことないが
結構な急坂が続く。


そして六合村へ降りる。


草津へはやはり六合村経由が
坂も急でなく交通量も少なく
ベストかな。

大渋滞の志賀草津道路(10/9)の続きを読む

2011年07月17日

赤城と尾瀬と水上(7/17)


まずは赤城の南面から。
赤城HCのコースを登ることにしたが
すでに30℃、このコースは日陰も少なく
早朝に済ませた方が良いコースだった。


道路わきにはこのように
赤城HCの準備として1キロごとに
距離を書いた看板が立っている。



あまりの暑さに耐えきれずに
途中で大休止。
赤城HCの準備なのか
あちこちにこのように自転車スタンドが
備えられている。

赤城と尾瀬と水上(7/17)の続きを読む

2011年05月31日

プチ山岳?利根川源流ツーリング(5/31)

今日は3週連続平日サボルデリ(本人談)の
熊チョイオヤジと冬の房総以来久々に・・・

川場の道の駅に8:30集合。

プチ山岳だというのに熊チョイ号は
何故だかZIPPなんか履いちゃって
完全山岳仕様。


でもこのZIPP相当年代物で
こんな風にあちこちひびが入っている。
カーボンホイールって
実はこの位のひびなら
使用可能だということに驚き。
今日も70キロオーバーの
DHをこなしても問題なかった。


気温はやや低いが天気も上々で
気分よく出発!
久しぶりの群馬!
気持ち良く走りましょう!
今日のコースは
川場-石神峠-水上-藤原ダム-湯ノ小屋
-坤六峠-鳩待峠(急遽追加)-戸倉
-宇条田峠-花咲峠-川場
の120キロ。

プチ山岳?利根川源流ツーリング(5/31)の続きを読む

2010年08月14日

群馬4000m(赤城-鳩待峠-坤六峠-赤谷越-三国峠) 8/14


道の駅大胡からスタートしようと思ったが
朝予報に反して雨が降っていたので
赤城神社まで車で上がってそこからスタートにした。



予想通りすぐに雨は上がったが
路面はウェットで道はつづら折りの急坂。
迂闊にダンシングすると滑る。


まあ先が長いのであまり急がずに上って
1時間ほどでこの八丁峠に着いた。
神社から950mの登り。

群馬4000m(赤城-鳩待峠-坤六峠-赤谷越-三国峠) 8/14の続きを読む

2010年02月21日

小刻みアタック錬in筑波 (2/21)

月例?の熊チョイ企画?
今回は筑波山、ただ風返峠は凍結の恐れのためなしということで。
集合は道の駅さかい。

宗道付近から、筑波の全容。
今回のメンバーは熊チョイさんともりしま様。
もりしま様ま前日ハーフマラソンを走ったそうで
いやぁ恐れ入ります。

筑波のふもとまで油断すると熊チョイアタックがかかり
それをつぶすのに骨が折れる。
久しぶりに乗った割には元気だなぁ。


つくばりんりん道路より筑波山の横?
この自転車道は一時停止が異常に多くて
やや走りにくい。
筑波鉄道の廃線跡に作ったもので
むかしその筑波鉄道にのって筑波山に何回か言ったことを思い出した。
そういえばこんな景色だったよなぁ。
そしてこのリンリン道路を真壁の駅の跡地で右に折れ、上曽峠へ向かう。
上りの音楽は
G.セル指揮クリーブランド管演奏の新世界より

小刻みアタック錬in筑波 (2/21)の続きを読む

2009年05月01日

苗場へ(榛名山経由?)

熊チョイさんが苗場への行き道途中まで
良い道案内するからということで・・・。

でもどうせ遠回り&山道なんだろうから
少しコース短縮で熊谷まで輪行。

うだうだ田圃の中の道を走り抜け八高線沿いへ


珍しく列車がやってきた。
キハ112-200と111-200の2連。
携帯カメラで動くものを撮ると
画面上部と下部での処理時間がずれるので
この写真のように前つんのめりに歪んでしまう。


ちなみに某カメラメーカー社員の熊チョイさんの撮ったのは
この写真・・・・列車はどこに写ってる?

苗場へ(榛名山経由?)の続きを読む

2009年01月24日

ヒルクラ天守閣-上州牛伏山HCツーリング


本日のメンバーは
案内人の熊チョイさん、B級グルメさん、
そして幸せ太りのジルさんとあゆの4人。
上州の車のほとんどないのどかな道を走る!


仕上げの牛伏山ののぼりが始まる。
その後平均12%、2kmもの急勾配が始まり
写真なんか撮ってられまへん!
鉄ビアンキ異常に重い!
熊チョイさんの腰痛ブラフに引っかかった!



標高450mの牛伏山展望台に到着。
下からの標高差も250mあって展望最高!


何故か謎の天守閣が?
これが展望台か?


登ってみると素晴らしい展望!
望遠鏡も何とタダ!
浅間山は雲に隠れてちょっとだけよ。

2009年01月22日

冬の日本海


最初柏崎をスタートにしようと思ったが
通行止めなどがあり
出雲崎手前の石地という所から走った。

目の前にはずっと弥彦山が・・・。
佐渡は残念ながら見えなかった。



とりあえずこの寺泊の少し先までで
折り返して計50キロ弱走った。


2008年05月04日

またまた自転車で苗場行ってみた


出た!8並び・・・
場所は月夜野バイパスと旧道の合流地点。


猿ヶ京は桜はほぼ終了だが
ご覧の通り枝垂桜は満開。

先週3度だった三国峠は16度。
登ってて暑いくらいだった。

今回は道間違えなかったので
往復の走行距離437km

2008年04月27日

苗場まで行ってみた

長距離を走ってみたくて苗場まで行ってみた。


朝5時に家を出てつきみ野あたりでBBが緩んでいたことに気付く。
家に電話してとりあえず車で工具を持ってきてもらって
結局クランクを外してBBを締めるという
大工事になり約1時間の STOP。

その後、鎌倉街道、府中街道、甲州街道、小金井街道
志木街道と通り254へ出て川越で9時。
そこへメールが「苗場は朝から雨だよ。自転車じゃ無理ね」と
えっ、もう70kmも走って来たのに・・・・。
でその声を無視し北進を続けることに。


嵐山から先のアップダウンを快調にクリアしたところ
軽い追い風で38~40km/hをキープの快調なペース。
途中道がやけに混んでると思ったらトラックがひっくり返ってた。

藤岡市内でちょっと道を間違えたりしてちょっとロスしたが
その後関越側道に入りいつもスキーの行き帰りでよく使う
渋川のセブンイレブンに午後1時前に到着。
ここまでの走行距離165km。
昼食をとっていたら遂に心配していた雨が・・・。

もう引き返すわけには行かないので17号をさらに北進。
途中合羽を着たロードとすれ違う。
お互いに呆れつつ手を上げて挨拶。
完走ペースに切り替えたためか30km/h位しか出ない。
沼田に入ると雨がいよいよ本降りに。

猿ヶ京下の相俣のローソンから霧に煙る赤谷湖。
気温もかなり低くテンション下降気味。
いよいよ最後の難関三国峠だ。

永井を過ぎ三坂大橋のあたりで雨音がやけに激しい。
ハンドルやフレームに白い粒が跳ね返ってる。
なんと「あられ」だ!後にミゾレに変わった。
気温情報板は3℃であることを示していた。

15km/hしか出せない体になりつつも
ミゾレの三国峠に到着。
もうすぐ午後5時になる。冷えるのを嫌い間髪いれずに
苗場への最後のDHに入るのだった。

本日の走行距離 227.8km

2007年05月03日

三国スキー場


GW後半は約1ヶ月ぶりのスキー。
今日はポールは午後からだったので
朝三国スキー場までHC
去年と違ってほとんど雪がない。
夕方ももう1本走ってきた。

2006年09月18日

坤六峠

湯ノ小屋手前の
奈良俣ダムの下の駐車場から
片道約15km、標高差約900mの登り。
途中の照葉峡の
滝を見つつ登り
約1時間で到着。
標高1630m。
下りは死ぬほど寒かった。

2006年04月29日

苗場界隈

4/29は起きるのが午後になってしまったので
自転車に乗ることにした。

ルートは苗場-三国峠-猿ヶ京-群馬CSC-水上
-赤谷越-三国峠-苗場の
1周70km山越え4つの超山岳コース!

群馬CSCでは実業団のレースをやっていて
ちょっと見学!
さすがに100人近い大集団は
結構迫力がある。


写真上は赤谷越のパーキング。
今年は本当に雪が多い。

写真下は
桜満開の猿ヶ京赤谷湖畔

2005年10月11日

新潟はええど


魚沼スカイラインより南魚沼市


連休は関東は雨の予報だったので
もう少し自転車に乗るべく苗場へ・・・。
案の定、新潟は雨ではなかった。

連休2日目は石打へ下って
そこから魚沼スカイラインへ登る。
途中道路工事通行止めの看板があったが
自転車なら平気だろうとそのまま進んだら
道路が完全に崩落していて
登り返すのもいやなので泥だらけになりながら
通過。。。六日町に下りたときはMTBみたいだった。


新潟はええどの続きを読む

2005年07月04日

国道299西進LSD


土曜は飯能で待ち合わせて、まず名栗から山伏峠へ
秩父に出てそのまま299を西進
志賀坂峠(780m)を越えて、さらに十石峠(1355m)へ。


小海線まで下ってガストでビール飲んで終了だった。
あゆは飯能からなので走行距離135km位だったが
後の二人は180km位。いやご苦労!


「これで次の日寝ていたら意味がない」とかずもり氏。
 なるほどと日曜は単独表ヤビツ行ったら
異常にくたびれた上に雨にまで振られた(最悪の42分台)。


でその言い出しっぺは、1日中寝ていたそうな・・・。
これで筑波の8耐はBチームの物だな!

最近の話題

  1. 水上水源ツーリング 2014夏(8/6)
  2. 榛名赤城群馬2大HC (5/24)
  3. 上州3峠(大道峠、二度上峠、暮坂峠 6/30)
  4. 二度上峠を1度も登れない・・・ (4/20)
  5. 2013新春つくばツーリング(1/12)
  6. 紅葉の小松原林道完抜 (10/27) その3
  7. 紅葉の小松原林道完抜 (10/27) その2
  8. 紅葉の小松原林道完抜 (10/27) その1
  9. 2012水上紅葉ツーリング(10/20)
  10. 草津志賀から津南、越後湯沢へ(8/16)

最近のコメント

Template by Dr.Blog