2014年11月16日

奥武蔵遠征(グリーンライン 白石峠 11/16)


前の大名栗林道の時
西武レッドアローのポイントをご購入したため
そのポイントを使うということで奥武蔵へ。


飯能で下車して集合場所の
毛呂山総合公園へ。


熊チョイおやじが当初連れてくるはずだった
ロードバイクはじめてな人は
前日に出来上がった自転車で
ワイズから自走で帰ってきたらすっかり
疲れてしまったということでDNS。

代わりにNコンはNがた選手がドタ参。

今回Inner-Lowにも声をかけて
Yくぼ隊長とKさまさんが参加。

久しぶり大人数の5人でのツーリングになった。


まずは顔振峠へ登る。
結構急傾斜の上に何度もアップダウンがあって
以外にキツイ。

奥武蔵遠征(グリーンライン 白石峠 11/16)の続きを読む

2014年10月30日

平日サボルデリで奥多摩4峠(10/29) 後編

前編から続く


上日川峠を後にして
天目山方面へ下る。
このルートは例年紅葉が素晴らしいところ。


田野温泉の大銀杏。

平日サボルデリで奥多摩4峠(10/29) 後編の続きを読む

2014年10月29日

平日サボルデリで奥多摩4峠(10/29) 前編


平日熊チョイコラボ企画。
今回はどんべえ峠から急遽奥多摩へ変更。
しかもいつもの柳沢、笹子旧道、松姫の3峠に
上日川峠を加えた4峠を走破するという話。
しかも笹子もトンネルじゃなくちゃんと旧道を通るそうだ。

いつもの奥多摩湖小河内ダム近くの駐車場出発は
8時なのできっとどこから暗くなるはずなので
ちゃんとライトを持って出かける。

奥多摩湖畔の紅葉はぼちぼちと言ったところ。


丹波を越えて標高800m付近になると
このように一気に山全体が紅葉になるが
紅葉ハンターによると
今年の色付きはやや不良らしい。


そして花魁淵の九十九折へ。

平日サボルデリで奥多摩4峠(10/29) 前編の続きを読む

2014年10月12日

盆堀林道と醍醐林道ほか(10/12)


あきる野の入り口の入山峠。
旧道は遊歩道として健在。
かなり道は散らかっているが
トンネルは新たに
コンクリで巻き立てられていて
まだ当分通れそう。


家を出るのがゆっくりだったので
五日市でもう昼過ぎ
コンビニで軽く食べてから盆堀林道へ。
ここは結構練習で登る人が多いのかな?

最初は川沿いの快適な登りなのだが
峠まで2キロくらいから
激坂系になってくる。


標高約600mの入山峠到着。
今日はトレラン系のイベントがあるらしく
峠は結構な人だった。

盆堀林道と醍醐林道ほか(10/12)の続きを読む

2014年06月02日

大名栗林道と有馬峠(6/1)


飯能までレッドアローで輪行。
昔懐かしい
レッドアロークラシック塗装車だった。


デッキも広く輪行袋も置きやすい。


飯能でさっさと自転車を組み立て
走り始める。

名栗を走るのって意外に久しぶり?

真夏並みの気温の予報だが
9時過ぎの川沿いの県道はまだ涼しい。

大名栗林道と有馬峠(6/1)の続きを読む

2013年11月02日

3峠越えと勝沼ワインまつり(11/2)


ワイン娘をとっつ構えて・・・・・。
Kさまさん満面の笑顔!

-----------------------------------


今日は上野原スタートで。
朝の中央ローカルは登山客で
かなりの混雑だった。


上野原市街から棡原までは
県道を通らずに林道上野原棡原線を通る。
この辺も紅葉が始まりつつある。

3峠越えと勝沼ワインまつり(11/2)の続きを読む

2013年09月01日

2013裏乗鞍-奥多摩激坂林道三昧(8/31)

今年は乗鞍の抽選で外れてしまったので
当然裏乗鞍の開催?
当日はまさかの好天しかも酷暑!


出だしからいきなりコース変更?
いい道を知ったと熊チョイおやじ。
入山峠入口でいきなりランナーに抜かれる。
(すぐに追い抜くが・・・・)


醍醐側(高尾側)は序盤は急坂が続く。
今回は別府の日本チャンピオンジャージ。
(写真は熊チョイおやじ写す)


この入山隧道のあたりから
斜度が緩み
高原の雰囲気満載となる。

2013裏乗鞍-奥多摩激坂林道三昧(8/31)の続きを読む

2013年04月13日

四天王勢ぞろい(4/13 和田、雛鶴)


自走と時間は変わらないのだが
高尾まで輪行しそこでナカジ選手と合流し
待ち合わせ場所の夕焼け小焼けへ。

今日は7人、ニコン四天王勢ぞろいの日だった。
もちろん沖縄優勝者もその一人。


そして最初の和田峠へ向かう。

四天王勢ぞろい(4/13 和田、雛鶴)の続きを読む

2012年11月04日

2012勝沼甲州ワイン祭り

例年は裏熊チョイ奥多摩3峠の日だが
今年は事情によりなしになったので
久しぶりにワイン祭りツアーに参加することに。


相模原まで車で送ってもらいそこからスタート。
相模湖を通り藤野から山の中に入って
まずは鶴峠へ向かう。

まずは棡原に入ったところのサミットからこれから行く方面を。
鶴峠に向かってこのように幾重にも重なった峰々を
越えていくため道は常に激しいアップダウンの連続。


標高が上がるにしたがって紅葉が冴えてくる。


いくつものプチ峠を越えて
やっと鶴峠の前衛峰という感じの
田和峠に到着。
ここもなかなかの急坂。

2012勝沼甲州ワイン祭りの続きを読む

2012年10月13日

あきる野劇坂系3林道 (10/13)


今日は久しぶりにもりしま様と。
高尾8:30集合だったが
北よりの向い風のせいで
15分ほど待たせてしまった。


小峰峠は遊歩道化された旧道を。


そしてほどなく旧小峰トンネル。
本日二つ目の峠(一つ目は戸沢峠)。


そして五日市から盆掘林道へ。

あきる野劇坂系3林道 (10/13)の続きを読む

2012年04月15日

埼北桜尽くしツーリングとC40ラストラン(4/15)


長瀞の桜。
久しぶりに参加の熊チョイツーリングは
C40ラストランをを兼ねた桜尽くし。
南関東は大分散ってしまった桜も
埼北では今まさに満開。


本日は4名+途中合流1名の参加。
道の駅かわもとを9時過ぎにスタート。

埼北桜尽くしツーリングとC40ラストラン(4/15)の続きを読む

2011年11月03日

裏Inne-Lowワイン、奥多摩3峠


いつもの奥多摩湖畔の駐車場から出発。
最近はInner-Lowが上がってくるのを
待たずに出発しているため
裏とは????
予定通り7:30出発。


丹波渓谷は紅葉最前線!

裏Inne-Lowワイン、奥多摩3峠の続きを読む

2011年06月04日

TeamGIROチャリティーライド(3峠)(6/4)


今日は隊長とUしやまさんと3人で
TeamGIROチャリティーライドに
参加した。
コースは奥多摩湖発で柳沢峠、笹子峠旧道
松姫峠を越える3峠コース。


そしていきなり高速ローテーション走行。
アップすればよかった・・・。


坂が始まったら・・・
行ってしまった・・・。

TeamGIROチャリティーライド(3峠)(6/4)の続きを読む

2010年11月03日

裏Inner-Lowワイン祭り 暗闇との競争3峠


奥多摩ダムを8:00すぎに出発。
本日は熊チョイオヤジとNコン東京支部エース(50代の部)氏。
ランナーも走ってる丹波への登り。
カウンターでアタックかけたらNコン東京支部エース(50代の部)氏に
ずっと挨拶代りのカン付された。
何とかという鉄フレーム自転車、なかなか速い。


オイラン淵の急流と九十九折。
この後、落合キャンプ場手前の釣り堀で仕切り直し。
ここも紅葉はスカ!

裏Inner-Lowワイン祭り 暗闇との競争3峠の続きを読む

2010年10月14日

和田峠と裏ヤビツ


元八王子の霊園の坂が色づいてきた。
何か今年の紅葉は山の上より
ここが一番きれいな気がする。


そして陣馬下をスタート。

和田峠と裏ヤビツの続きを読む

2010年05月08日

第2回 甲武山岳ツーリング

去年に続きこのコースは2回目。
ただ自走で帰ることにしたので猿橋か良くて道志で途中離脱予定。

フルコースだと
夕焼け小焼けP-和田峠-鶴峠-松姫峠-猿橋-鈴懸峠-道坂峠-道志-裏和田
のスーパー山岳コース。


第2回 甲武山岳ツーリング の続きを読む

2010年04月10日

彩の国懲りずにまたまたアップダウンツーリング


今日は道の駅おがわまちで集合。
圏央道経由で大渋滞の関越をうまくパスして
定時の9時過ぎに出発。


七重への急坂へ突き進むアマンダ号。
実は此の人が一番強いし速い!

彩の国懲りずにまたまたアップダウンツーリングの続きを読む

2009年11月28日

和田峠と雛鶴旧道


なんとなくこちらの方面に来てしまった。
陣馬街道をどんどん西進する。
夕焼け小焼けでトイレだけ行って
そのままほぼ休憩なしで和田峠突入。

結構悪くない感じで登ったのに50キロ以上も
走ってそのまま休憩もなしに激坂突入したためか
タイムが全然伸びず。19分53秒。
峠でも写真だけとってすぐに藤野へ向かって下る。

和田峠と雛鶴旧道の続きを読む

2009年11月03日

恒例?文化の日甲武3峠紅葉ツーリング


柳沢峠まであと10km位の場所、標高700m位。

恒例の文化の日甲武3峠紅葉ツーリングの日。
今年最低の冷え込みになったこの日の朝、
出発前の奥多摩湖畔は4℃。
丹波への登りが始まってもなかなか暖まらない。
だいたいこの企画はInner-Lowの
勝沼ワイン祭り企画の番外編であるが
去年の反省を踏まえてみんなを待つことなく出発。


熊ちょい企画は最近ハードすぎて
ほとんど変態以外の人は参加できず。
今回も結局熊チョイ師匠とジル兵衛と3人だけになった。
写真は「山燃ゆる」青梅街道を柳沢へ向けて
グングン上る熊チョイ師匠。
今年は体調も良いみたいで十分走りこめていて
ここ何年かのヘタレから脱却し速い速い。
一昨年に引き続き柳沢峠奪取スプリントで負けてしまった。
ここ頂上付近意外と斜度あって充分引きつけたはずが
まだ早く出過ぎたようで刺し返されてしまった。
どうもここ苦手だ。

恒例?文化の日甲武3峠紅葉ツーリングの続きを読む

2009年04月29日

GW第一弾山岳

某熊谷の某クライマーが企画した変態山岳ツーリング。

最初は和田峠

某オーベストに追い付かれたり
中央高速抜け道利用の車がガンガンホーン鳴らしたりで
狭い和田峠の上りはカオスな状態。

馬鹿車!こんな狭い道でかっ飛ばして
挙句そこのけそこのけでホーン鳴らしまくるんじゃない!

ただ写真に写ってるのはタクシーなんで
恐らく陣馬山方面の登山客が乗ってると思われる。

GW第一弾山岳の続きを読む

2009年04月11日

雛鶴桜街道(4/11)


寝坊したため車で先回りして宮ヶ瀬で合流。
宮ヶ瀬バス停ロータリーの桜は満開。
メンバーはもりしま様、あじゃさん。

雛鶴桜街道(4/11)の続きを読む

2008年11月03日

文化の日三峠-暗闇からの脱出?

文化の日恒例Inner-Lowワインツアー兼三峠耐久?
コースは
奥多摩湖-柳沢峠-塩山-笹子峠旧道-大月-松姫峠-奥多摩湖
の140km、獲得標高3000mのコース。

紅葉真っ只中の丹波渓谷。

ジルさんと170w(ジル言)でまったり気味に登る。
あじゃさんは沖縄馬車馬状態でどんどん行ってしまい
追いつくかと思っていたが柳沢峠まで追いつかなかった。

あじゃさんは柳沢峠で折り返し
Inner-Lowワインツアーのメンバーは
とりあえず遅れているメンバーを待つので
先を急ぐ三峠メンバーはここでサヨナラ。

黄葉真っ只中の笹子旧道。
ここではアタックした熊チョイさんが
その後B級グルメさんの地味な追い上げに
屈したらしい・・・・。

その後大月までの下り区間を4人のローテーションで飛ばす!
ローテに乗り遅れたB級グルメさんは結局
疲労困憊の上大月で5分ほど後だった。

日暮れまで時間がない!
おっと富士山が!
松姫峠直前で先行していた熊チョイさんに追いつく。

結局暗くなる直前に峠に着いたものの
全員が揃う頃には漆黒の闇に・・・・。
おまけに風が出てきて森が叫んでる!
闇夜のダウンヒルが始まったのだった。


2008年07月26日

久しぶりに高尾から

今日は久しぶりにTAMAな人たちと高尾で待ち合わせ。
ちゃんと高尾まで自走で行った。

久しぶりの大垂水峠高尾側。
峠まで記憶より長くて途中タレタレになってしまった。
写真のように圏央道の工事も進んできて景色が変わりつつある。

雛鶴の饅頭屋は今日は臨時休業。
ここで折り返して県道76号との三叉路でみなと別れて
牧馬峠-宮ヶ瀬と経由して帰った。

2008年07月12日

雛鶴-道坂峠-道志(城南練7/12)

前半


後半


宮ヶ瀬やまびこ大橋


灼熱の雛鶴への道。
川沿いなのだがこの道日陰が少なく
かなり暑い。

たまらず饅頭屋で休憩。
この有名な饅頭屋、たぶん売上の
かなりの部分が自転車の人と思われる。


都留から富士山。
だがここも灼熱地獄。


本日の最高点、道坂トンネル。
1000mを越えてるだけあって
心なしか涼しい。

道志でものすごい雷雨に降られ一時雨宿り。
一気に気温が下がり逆に寒いくらいに。
ちなみに八王子では夕立の後一気に気温が10度下がった。

2008年05月06日

熊チョイ練、和田アタック!

熊チョイ練に飛び込みで乱入。
夕焼け小焼けで待合せであるが
GWで車で行っても帰りの渋滞がいやなので
自走で行った。

メンバーは最近TTに目覚めたジル改めミニカンチェラーラ
、Inner-Low登坂隊長と熊チョイさん。
げっ!クライマーばかりではないか!!?

とりあえず和田峠は
16分フラットで軽々登ったジルさんと登坂隊長の
ちょっと遅れでたぶん17分そこそこだった。
まあジルさんの前半のハイスピードでタイムを
稼いだというのもあるがまあこの時期にしてはええんでは?


結局藤野の先の雛鶴の入口までお供して
その後、牧馬峠を越えて宮ヶ瀬経由で帰った。
この藤野から宮ヶ瀬に抜ける道は小さな峠が連続してあり
特に牧馬峠は結構な急坂で和田の後単独で走るには
結構こたえた。

しかし今日の登坂隊長異常に調子が良いみたいだった。
アップダウンの続く道での軽やかなペダリングが印象的だった。

走行距離133km。

2008年04月12日

城南練(4/12)

本日は八ヶ岳の裏のためajaさんと二人だけ。
せっかくだから雛鶴出撃と言うことで・・・。

伊勢原を抜け七沢からかなりのハイペース。
土山峠を越え宮ヶ瀬へ。


宮ヶ瀬から先はご覧の様に桜が満開!
牧馬峠を越えていよいよ雛鶴突入。


最初の峠を先ず一人抜きハイペースでクリア。
そこから登りのたびにアタック合戦。
こんな走りは疲れるだけで効率悪く
さっきの人に追いつかれその後再び千切ることはなかった。
アタック合戦は互角のまま饅頭屋に到着。
もうすでに脚は売り切れ状態。


雛鶴トンネルを越えあーあ大月に来ちゃったよ!
帰り道を地図で確認するが二人の口から出た言葉は
「遠いなぁ!」
結局相模湖までは向かい風の中先頭交代しつつ
そこから先はajaさんが調子よさそうななでお任せした。
しかしなんか異常に疲れた。
次回から長距離走るときは計画的にしようと誓った二人だった。

2007年11月03日

紅葉の三峠

奥多摩湖-柳沢峠-笹子峠旧道-松姫峠-奥多摩湖

奥多摩湖でInner-Lowのメンバーと合流。
あゆと熊チョイさん以外は勝沼でワイン祭りへ。

まずは柳沢峠へ。
やくぼ隊長ががんがん上っていく。
「こんな飛ばして頂上まで持つんですか?」
と聞いたら行ける所まで頑張るという事。
とりあえず付いていく。
おいらん淵を過ぎてキャンプ場のところで
終了となったらしく後続を待つことにして休憩。
でもヤスさんが来ない。とりあえず出発する。
熊チョイさんとしゃべりながら登ってたらやくぼ隊長復活合流。
3人でしばらく登るが飽きたのでヘアピンのところで
ちょっと揺さぶりをかけるとやくぼ隊長簡単に脱落。
あまりにも予想外だったので熊チョイさんの前30mくらいのいやな場所に。
にらみを利かされてなすすべもなく頂上直前で並ばれた挙句
ゴールスプリントで負けました。

071103_1_2落ち葉の絨毯の笹子峠

柳沢の下りを熊チョイ、もりもり、あゆの最強メンバーによる
アウタートップ踏み倒しで勝沼まで下り
ワイン組とお別れ熊チョイさんと刺しに。
結局やすさんは最初の集合場所で会ったきり
本当にいたんだろうか?まさか幻?

補給をしそこなったので笹子峠は休戦状態で16km/h。
一応峠手前でアタックかけて第2山岳はゲットしておいた。

笹子を下り国道に出てからは大月までの緩い下りを
45km/hキープで先頭交代し時間を稼ぎ
いよいよ最終山岳の松姫へ入る。

071103_2毎度のへろへろ松姫峠

後ろを走る熊チョイさんに
「とりあえずダムまでこのペースで良いですよね」
と聞いたら
「もうちょっとペース落としてエ」とのこと。
さっきの高速ローテが足に来てるらしくダム手前で後ろ見たら
かなり離れてたのでダムで休憩を入れて仕切りなおしということに。

ただ日没時間が迫ってることもあり
ゆっくり出来ないので早々に出発する。

ループトンネルを過ぎ上を見ると
幾重にも重なった九十九折の道が見えかなりのプレッシャー。
だんだん紅葉がきれいになってくるがあまり見ている余裕もない
ヘアピンから下を見るとかなり下で熊チョイさんが蛇行しつつ・・・。
それを見て山頂で待つと寒そうだから
ちょっとペースを落としたら急に足が終了し
9km/hでしか走れなくなってしまった。
こちらも蛇行しつつ最後のヘアピンを越えて
ラストスパート・・・・といっても15km/h。第3山岳もゲット。

うら寂しい頂上で10分ほどで熊チョイさんも到着。
夕闇迫る峠道を奥多摩までフルアタックで帰ったのだった。


日の短いこの時期、やはり時間との戦いだった。
走行距離140km、獲得標高3000m

2007年09月15日

多摩LSD

結局LSDとは言えない様な・・・
北八王子-大垂水-雛鶴-鈴ヶ音峠-松姫峠-風張峠-北八王子
たぶん獲得標高は3000m位3600m。走行距離170km。


深城ダムは先週の台風のためか放水していた。


雛鶴のあとどろどろになった鈴ヶ音峠を越え猿橋へ。
猿橋から深城ダムまではJUNITOの強烈な
アウター引きで松姫を前にすっかり疲れてしまった。


バス停だけしかない松姫峠。


松姫の登りは36号さんと超まったり。
心拍は130以下をキープ!まさにLSD??


奥多摩周遊道路、風張峠。


最後は奥多摩周遊道路。
最近走ってないので記憶が何もない。
緩斜面という36号さんの話を信じ
ちょっとスピードアップして登った。

だが9%の登りが続き、決して緩くはなかった。
結局13km/hキープのだらだら走行になった。

その後、36号さんの猛烈な引きでJUNITO氏を
置いてけぼりにしつつ五日市へ
ほぼ平坦で軽自動車が道を譲るって・・・・。

2007年04月28日

Inner-Low走行会


有馬峠

自宅-東神奈川-多摩川CR-羽村-東青梅-吹上峠
-小沢峠-名栗湖-有間峠-秩父

熊谷チョイ悪さんが飛び込みで
参加してくれたおかげで
後半標高600mくらいの山伏峠が
標高1100m超の有馬峠に
変わってしまった。
これからは熊谷超悪と呼んでやる!

日帰り組みは夕立もあって
秩父で終わりとなった。

2006年07月15日

雛鶴

多摩甘味な人たちと
計4名で雛鶴突入!

大垂水-栃谷とまわってから
雛鶴に入ったせいか
気温が異常に高かったせいか
結局トンネルまでたどり着けずに
写真の饅頭屋で引き返した。

2006年05月14日

地獄の山岳ツーリング


今日は千葉のGIROというところの
地獄の山岳ツーリングにInner-Lowで参加した。
うちのメンバーはYくぼ隊長、平地エースかずもりさん
チーム山岳男のまき君、落第エースのヨッシー
気合走りのこばっちとあゆの6人。

コースは奥多摩小河内ダムからスタートして
柳沢を越えて塩山へ、笹子旧道を越え
とどめは松姫峠を越えてダムに戻る140kmの超山岳ステージ。


チーム逃げ担当のあゆとしては
早速最初の柳沢から逃げさせてもらいました。
一人に抜かれたもののまずは逃げポイント20kmGet。

笹子はYくぼさんとかずもりさんとしゃべりながらしばし休戦。

松姫ではチーム山岳王のまき君が
集団をがんがん引く、ハイペースにみんな怒ってる。
軽いアップダウンでヨッシーが前に出たのに乗じて
ダム手前から一人逃げに移らせてもらいました。

松姫ははるか下まで道が見渡せるので
下を除くと集団は解体しばらばら。
追ってくる二人(一人はInner-Low)と
適度な間隔をとってさらに登る。
結局10kmほど逃げて標高1100mの地点で
つかまってThe End。
来たのは山岳王ではなくてなんとかずもりさんだった。
あとはちんたら登って下りに入る。

奥多摩湖畔の平坦路も40kmでがんがん飛ばして
峠で先行され再び集団化したグループに追いつき
一気に抜いて踏み倒してゴール!
結局かずもりさんが一人で逃げていて
2番目のゴールだった。

あー疲れた。

2005年11月04日

柳沢峠


残念ながら富士山は見えず!


昨日は奥多摩集合で柳沢峠を越えて
勝沼ぶどうの丘へ
家から奥多摩まで自走したため
柳沢峠は結構大変だった。

ぶどうの丘のワイン祭りでは
ワインのみ過ぎ。。。。。
結構頭痛い。

2005年10月01日

TAMA甘味


和田峠でくつろいじゃってる


 今日は高尾駅待ち合わせで
和田峠-栃谷-大垂水のコース。
せっかくだから家から自走で行った。
しばらく和田峠完走が無かったので
コルナゴにコリマの坂仕様で望んだ。
高尾駅で待っていたのは
Iわもとさん、Tかださん、Tなかさん。。。
去年のMt.富士のメンバーじゃん。

 和田で根性で登ってタイムは17分25秒。
やはり激坂過ぎてこれ以上遅くも速くも走れん!

 季候が本当に良くて峠でまったり
栃谷の頂上でもまったり。。。。

2005年09月20日

奥武蔵グリーンライン


刈場坂峠


十何年かぶりに奥武蔵グリーンラインに行った。
やっぱりアップダウンがきつかった。
しかもリック背負っていったため
あまりのじゃまさにアタックに付いていけず・・・。
(本当はそれだけじゃないけど)

2005/9/17

2005年07月04日

国道299西進LSD


土曜は飯能で待ち合わせて、まず名栗から山伏峠へ
秩父に出てそのまま299を西進
志賀坂峠(780m)を越えて、さらに十石峠(1355m)へ。


小海線まで下ってガストでビール飲んで終了だった。
あゆは飯能からなので走行距離135km位だったが
後の二人は180km位。いやご苦労!


「これで次の日寝ていたら意味がない」とかずもり氏。
 なるほどと日曜は単独表ヤビツ行ったら
異常にくたびれた上に雨にまで振られた(最悪の42分台)。


でその言い出しっぺは、1日中寝ていたそうな・・・。
これで筑波の8耐はBチームの物だな!

最近の話題

  1. 奥武蔵遠征(グリーンライン 白石峠 11/16)
  2. 平日サボルデリで奥多摩4峠(10/29) 後編
  3. 平日サボルデリで奥多摩4峠(10/29) 前編
  4. 盆堀林道と醍醐林道ほか(10/12)
  5. 大名栗林道と有馬峠(6/1)
  6. 3峠越えと勝沼ワインまつり(11/2)
  7. 2013裏乗鞍-奥多摩激坂林道三昧(8/31)
  8. 四天王勢ぞろい(4/13 和田、雛鶴)
  9. 2012勝沼甲州ワイン祭り
  10. あきる野劇坂系3林道 (10/13)

最近のコメント

Template by Dr.Blog