2014年11月05日

紅葉のどんべい峠から富士五胡、御坂峠(11/3) 後半

前半から続く


そして今回は時間の都合で
鴬宿峠方面はキャンセルして
(夏と違い日が短いから)
芦川渓谷をそのまま下って
市川大門郊外から県道藤田峠(仮称)へ。


そして照坂峠経由で本栖道へ。
標高800mあたりのこのトンネルあたりで
紅葉はピークになった。

紅葉のどんべい峠から富士五胡、御坂峠(11/3) 後半の続きを読む

2014年11月03日

紅葉のどんべい峠から富士五胡、御坂峠(11/3) 前半


またまた熊チョイコラボツーリング。
8:30に御坂桃源郷公園を出発。
御坂道を標高差で400m上ったところが
どん兵衛峠への入り口。
振り返ると少し雪をかぶった南アルプスが。


御坂道から入ったすぐの区間が
この峠の一番の激坂区間。

ただ紅葉のトンネルで
気分は悪くない。

紅葉のどんべい峠から富士五胡、御坂峠(11/3) 前半の続きを読む

2014年09月08日

2014全日本マウンテンサイクリングin乗鞍(9/7)


いよいよ年一回の祭典がやってきた。

去年は抽選で外れてしまって参加できなかったのだが
今年はJCA会員になって優先申込で・・・

ただ結構今年はくじ運悪いやつも当っているし
もしかしたら申込人数少なめ?


諏訪湖の花火大会と重なった6日土曜は
中央道は大渋滞で
圏央道から笹子トンネルまでずっとのろのろだった。

そhして15時過ぎにやっと着いた試合前日の会場。
大雪渓や乗鞍山頂が見えてるが
天気予報は今夜から明日にかけて雨。

無事に走れるのであろうか。


こんな怪しい人が・・・

2014全日本マウンテンサイクリングin乗鞍(9/7)の続きを読む

2014年07月28日

道志キャンプツーリング(7/26,27) その2

その1から


翌日曜日、道志の朝は結構ひんやり。
朝ごはんを食べて出発。


いきなり山伏峠への登り。

道志キャンプツーリング(7/26,27) その2の続きを読む

道志キャンプツーリング(7/26,27) その1


チャレンジ・ザ・キャンプツーリング
近場で道志を狙う!

とりあえず伊勢原まで輪行。
9時半過ぎにスタート、すでに猛暑!


なんとか土山峠を上りきり
宮ヶ瀬湖湖畔。


そして宮ヶ瀬でちょっと休憩。

道志キャンプツーリング(7/26,27) その1の続きを読む

2013年10月13日

山梨マイナー林道と新?3峠(大峠、松姫峠、鶴峠 10/12)


大峠(1560m)。
真木小金井林道のサミットの峠。
旧500円札の富士山で有名な
雁ヶ腹摺山の登山口にもなっているため
峠の駐車スペースは車がいっぱい。

-------------------------------------


時間の都合で大月まで輪行で。
臨時の新宿発のあずさ71号は
特急ホームからではなく
中央線快速ホームからの発車。
旧大宮車のN104編成。
6号車は旧とき編成だったクハ183-1527。
特急シンボルマークも残っている。


今回乗る1号車は
S61にあずさ増発のために
サハ481-103から改造されたクハ182-102。
顔は183系、車体は485系のハイブリット。
でもこちらも特急シンボルマークは残存。
ちなみに中間車はすべてグレードアップ車両。

山梨マイナー林道と新?3峠(大峠、松姫峠、鶴峠 10/12)の続きを読む

2013年09月29日

山梨マイナー林道第3弾 (櫛形林道と丸山林道 9/29)


丸山林道は北岳を望みながら走れる唯一の林道?
この林道をマイナー林道と呼ぶには有名すぎるか?
また南アルプスらしい豪快な景色も魅力的。

-----------------------------------------


道の駅しらねを出発して
最初に現れる難所はこのループ橋。


このループだけで40mほど標高を稼ぐ。


ループ橋の上からは町が一望できる。
さすがに遮るものがないので景色は良い。


そしてここから櫛形林道が始まる。

山梨マイナー林道第3弾 (櫛形林道と丸山林道 9/29)の続きを読む

2013年09月23日

山梨マイナー林道第2弾!(9/23 新倉・西川林道、黒野田林道)


山梨マイナー林道第2弾!
今日は新倉西川林道と黒野田林道。
黒野田林道はこのように三つ峠山の中腹の
1000mラインを縫うように走る。
ダイナミックな景色がすごい!

----------------------------------


最初の林道、新倉西川林道は
この下吉田の駅のすぐ裏から始まる。
この駅、あのJR九州のななつぼしのデザインで有名な
水戸岡鋭治氏のデザインだそうだ。
そしてブルートレインテラスと言って
スハネフ1420が保存されている(きれい!)
テールサインはもちろん富士だが
この車両は北陸で使用されてたもので
富士での使用実績はないそうだ。


ここを左に曲がると林道のゲートがある。
HPによると前半部の市営林道は通行止めとなっていたが
ゲートが普通にオープンになっていて
特に何も規制はされていなかった。

山梨マイナー林道第2弾!(9/23 新倉・西川林道、黒野田林道)の続きを読む

2013年08月11日

2日続けて半日クリスタルライン (8/9,8/10)


まずは9日午前中(金曜日サボルデリ)。
工事のため川上牧岡林道の塩平-焼山峠は
通行止めだということで
急遽コース短縮で標高1533mの焼山峠スタートにする。


焼山峠への登りがキャンセルとなったが
焼山峠からこの乙女高原までは
標高差でさらに130mほど登る。


乙女高原から黒平の分岐までは
標高差で500mほど下ることになる。
この区間はこのように金峰山をはじめ
奥秩父の山々の展望が素晴らしい。


2日続けて半日クリスタルライン (8/9,8/10)の続きを読む

2013年07月15日

2013ビーナスライン (7/15)


今年のビーナスラインツーリングは
熊チョイおやじとサシで・・・。


3連休最終日なので帰りの渋滞がいやなので
新幹線輪行で
朝一の「あさま501号」


待ち合わせは浅間山がよく見える
道の駅「ほっとぱーく明科」

9時半過ぎに出発。

2013ビーナスライン (7/15)の続きを読む

2013年07月13日

大弛峠 (7/13)


金峰山登山前にどうせなら大弛峠まで
自転車で1本上がってしまおうということで
道の駅「まきおか」で自転車を下す。


今回は近回りの旧杣口林道経由で。
しばらくはブドウ畑の中の直線登りが続く。
この区間結構斜度が急で
暑いと結構つらい場所だが
今日はかなり涼しくて快調。

大弛峠 (7/13)の続きを読む

2013年06月23日

山梨マイナー峠2題(どん兵衛峠、八坂峠)と御坂峠(6/23)


亀の甲ひび割れ舗装のどん兵衛峠。



御坂桃源郷公園を9時ごろスタート。
梅雨の間只中なのに奇跡的に晴れた!
今日は久しぶりに熊チョイおやじとサシ。
まずは御坂道を中腹まで登る。


そして右折してどん兵衛峠方面へ。
写真ではわかりにくいが序盤は
かなり急な坂が続く。


どん兵衛最初の急坂を上から(撮影:熊チョイおやじ)

山梨マイナー峠2題(どん兵衛峠、八坂峠)と御坂峠(6/23)の続きを読む

2013年04月13日

四天王勢ぞろい(4/13 和田、雛鶴)


自走と時間は変わらないのだが
高尾まで輪行しそこでナカジ選手と合流し
待ち合わせ場所の夕焼け小焼けへ。

今日は7人、ニコン四天王勢ぞろいの日だった。
もちろん沖縄優勝者もその一人。


そして最初の和田峠へ向かう。

四天王勢ぞろい(4/13 和田、雛鶴)の続きを読む

2012年11月04日

2012勝沼甲州ワイン祭り

例年は裏熊チョイ奥多摩3峠の日だが
今年は事情によりなしになったので
久しぶりにワイン祭りツアーに参加することに。


相模原まで車で送ってもらいそこからスタート。
相模湖を通り藤野から山の中に入って
まずは鶴峠へ向かう。

まずは棡原に入ったところのサミットからこれから行く方面を。
鶴峠に向かってこのように幾重にも重なった峰々を
越えていくため道は常に激しいアップダウンの連続。


標高が上がるにしたがって紅葉が冴えてくる。


いくつものプチ峠を越えて
やっと鶴峠の前衛峰という感じの
田和峠に到着。
ここもなかなかの急坂。

2012勝沼甲州ワイン祭りの続きを読む

2012年10月08日

信玄の奥座敷にコスモ​スとクリスタルに昇仙​峡(10/6)


今回はこのメンバー。
今年はなぜか真面目に登れる熊チョイおやじに
沖縄入賞を狙うなかじ選手。
学連選抜君は列車の乗継に失敗して途中合流予定。
ティンコフ氏はこのメンバーで唯一癒し系の人間かと思ったら
なんと最初の太良峠で離脱予定とか・・・・


そしてそのティンコフ氏、
予定通りこんp太良峠直前で
東山中部林道に入って
焼山峠へ抜け大弛峠へ去って行った。

後で聞いた話だと
大弛峠の下りで後輪を壊し
無念のリタイヤとなったそうで・・・
チーン!


そして太良峠。
案の定、熊チョイおやじも甘利山HCを
ひかえて調子はピーク。
早くも疲労困憊気味・・・。

信玄の奥座敷にコスモ​スとクリスタルに昇仙​峡(10/6)の続きを読む

2012年09月03日

八ヶ岳合宿2日目 野辺山一周妻クリング (9/2)


2日目は野辺山一周妻クリング。
予報はに反してまずまずの天気。


まずは定番の電波展望台。

八ヶ岳合宿2日目 野辺山一周妻クリング (9/2)の続きを読む

2012年09月02日

Inner-Low 秋合宿 1日目 クリスタルライン (9/1)

コースがハードな為か乗鞍の翌週の為か
人数が少なく3名の参加。
あゆ、隊長、Uしやまさんの3名。

今回は全線サポートカー付弁当付です。


先週の乗鞍は全員1時間20分は切っている。
何か疲れそうな予感が。

塩山を9時過ぎに出発して
まずは焼山峠へ向かう。
焼山峠へは塩山からだと20キロで1100mの登り。


フィッシングセンターのあたりから
この峠は本領を発揮する。
見にくいがこれは14%と表示。
フィッシングセンターから峠までは
4.5キロで470mの登りと平均で10%を越える。

Inner-Low 秋合宿 1日目 クリスタルライン (9/1)の続きを読む

2012年08月17日

草津志賀から津南、越後湯沢へ(8/16)


今日の出発地点は中之条。
8時の時点でもうすでにかなり暑い。


朝食を取らずにそのまま出発したら
最初の暮坂峠の登りで
早くもハンガーノックの症状。


今日最初の峠とは思えぬほどスローペースで
暮坂峠に到着。
すぐに六合へ向けて下る。

草津志賀から津南、越後湯沢へ(8/16)の続きを読む

2012年07月30日

酷暑のどん兵衛峠、鴬宿峠(7/29)


持ち合わせはいつものこの公園。
酷暑が予想されるので
保冷ボトルを凍らせて持ってくる予定が・・

・・・

家に忘れてボトルがない!


熊チョイおやじにボトルを一つ借りれて何とか一安心。
助かりました。


まずは御坂道を登り、スキー場の下から
どん兵衛峠への道へ入る。
いきなりの直登急坂。

今回、S級Nかじ選手も電車で急きょ参加。
熊チョイおやじも何故か調子よく
Nかじ選手とガンガン行ってしまった。

酷暑のどん兵衛峠、鴬宿峠(7/29)の続きを読む

2012年07月22日

大河原峠とビーナスラインとニッコウキスゲ(7/22)


今回はこのメンバー。
スーパー強豪ぞろい。


そして美鈴湖からすぐに
もうみんな見えなくなってしまった。
熊チョイオヤジも何故か調子が良く
どんどん行ってしまった。

でもどうせ落ちてくるからほっといて
一定のペースで登って行くことにする。


でもなんとNじま選手を追って、熊チョイオヤジは
頂上まで落ちてくることはなかった。
でもMずの選手以外はそんなにタイム差はなかった模様。

でも2000mを超える峠付近は冷たい雨が降っていて
下りは以上に寒かった。7月下旬だぞ!

大河原峠とビーナスラインとニッコウキスゲ(7/22)の続きを読む

2012年06月24日

2012Inner-Low合宿(6/24) その3 


24日出発前、Sまかわさん別荘で記念撮影。
Sまかわさん、いろいろありがとうございました。


今回標高2127mの麦草峠へは
このマーガレットの咲き誇る松原湖経由で。

ちなみにヤスさんはDNS。

2012Inner-Low合宿(6/24) その3 の続きを読む

2012Inner-Low合宿 その2(6/23)


志賀坂峠を下ったらとりあえず
神流町のこのうどん屋で昼食。


となりは恐竜?


そして日航機で一躍有名になってしまった上野村へ。
ヤスさんまた中切れしてますけど大丈夫?

2012Inner-Low合宿 その2(6/23)の続きを読む

2012Inner-Low合宿(6/23) その1


西武秩父に9時の集合時間(出発9:30)に
道が混んでて間に合わず
7-8キロ進んだ地点で
チームに合流。
各人の荷物を車に積んで再出発!

完全に走り込み不足のヤスさん、早くもチギレ気味。


コースは
1日目 秩父-志賀坂峠-十国峠-八ヶ岳嶋川さん別荘
2日目 別荘-麦草峠-中央線の適当な駅
と言うYくぼ隊長企画にしては比較的ぬるめ?
合計参加者数は8人。

1日目は5台での走行。


最初の峠の志賀坂峠が始まる。
隊長ガンガン飛ばす。
このまま行ってしまうのか?
でもこの位置にとりあえず付く。

2012Inner-Low合宿(6/23) その1の続きを読む

2012年05月13日

ヤビツを通って道志-厳道峠ほか(5/13)


久しぶりにすっきりと晴れて
戸沢橋からも富士山がくっきり。


善波峠からも・・・・


そして表ヤビツ
#04 35分57秒 Hr163
新車によるブラシボー効果も表れず、いつも通り。
鳥居5分、蓑毛9分10秒、浅間神社19分15秒
菜の花台24分、林道入り口29分45秒

今回は先も長いのですぐに出発裏へ下る。

ヤビツを通って道志-厳道峠ほか(5/13)の続きを読む

2012年04月29日

名残桜の雛鶴、旧甲州街道、和田峠(4/28)


清川村法論堂の八重桜。
この辺は標高の割に気温が低いのか
桜がかなり咲き残っていた。


土山峠。
今日の宮ヶ瀬湖は282mのほぼ満水状態。

名残桜の雛鶴、旧甲州街道、和田峠(4/28)の続きを読む

2011年11月03日

裏Inne-Lowワイン、奥多摩3峠


いつもの奥多摩湖畔の駐車場から出発。
最近はInner-Lowが上がってくるのを
待たずに出発しているため
裏とは????
予定通り7:30出発。


丹波渓谷は紅葉最前線!

裏Inne-Lowワイン、奥多摩3峠の続きを読む

2011年10月09日

大渋滞の志賀草津道路(10/9)

今日は中之条出発。
全行程嫁の伴走車付き。
一つ目の峠は暮坂峠。
ただこの峠少しなめていた。
草津側は大したことないが
中之条側は標高差は大したことないが
結構な急坂が続く。


そして六合村へ降りる。


草津へはやはり六合村経由が
坂も急でなく交通量も少なく
ベストかな。

大渋滞の志賀草津道路(10/9)の続きを読む

2011年07月25日

山梨のマイナー峠2題(7/25) どんべえ峠、鴬宿峠

昨年に引き続きどんべえ峠、鴬宿峠を登る!


集合はみさか桃源郷公園。
今日は熊チョイおやじだけでなく
騙された?ペタッキさんも・・・。


まずは御坂道をだらだら上る。
交通量は多いが暫しのがまん。


御坂道をされどんべえへ続く林道に入った途端
ご覧のような激坂系になる。

山梨のマイナー峠2題(7/25) どんべえ峠、鴬宿峠の続きを読む

2011年07月03日

今シーズン乗鞍初登り!(7/3)


7/1のエコーライン開通を受けて
今シーズン乗鞍初登りにやってきました。
天気は薄曇り、山頂部は雲の中で見えない。


本日のメンバーは
熊チョイおやじ、Mずの選手、最近クライマーに変身?のペタッキ選手。
Mずの選手の独身貴族仕様。


そして大会の例年のスタート地点へ。

今シーズン乗鞍初登り!(7/3)の続きを読む

2011年06月22日

平日サボルデリでビーナスライン(6/22)


小諸の道の駅「みまき」に集合。
今日は二人ともカーボンホイールですな。
今回は登りが長いので
空気圧を高め(9.5気圧)で出発。


最初に目指す大河原峠は遥か彼方・・・。
気温も急上昇でかなり暑くなってきた。


美笹湖から本格的なのぼりが始まる。
しばらくはやや急な直線登坂が続く。

平日サボルデリでビーナスライン(6/22)の続きを読む

2011年06月04日

TeamGIROチャリティーライド(3峠)(6/4)


今日は隊長とUしやまさんと3人で
TeamGIROチャリティーライドに
参加した。
コースは奥多摩湖発で柳沢峠、笹子峠旧道
松姫峠を越える3峠コース。


そしていきなり高速ローテーション走行。
アップすればよかった・・・。


坂が始まったら・・・
行ってしまった・・・。

TeamGIROチャリティーライド(3峠)(6/4)の続きを読む

2010年11月03日

裏Inner-Lowワイン祭り 暗闇との競争3峠


奥多摩ダムを8:00すぎに出発。
本日は熊チョイオヤジとNコン東京支部エース(50代の部)氏。
ランナーも走ってる丹波への登り。
カウンターでアタックかけたらNコン東京支部エース(50代の部)氏に
ずっと挨拶代りのカン付された。
何とかという鉄フレーム自転車、なかなか速い。


オイラン淵の急流と九十九折。
この後、落合キャンプ場手前の釣り堀で仕切り直し。
ここも紅葉はスカ!

裏Inner-Lowワイン祭り 暗闇との競争3峠の続きを読む

2010年09月04日

信州スキー場巡り?奥志賀林道(9/4)

出発は道の駅北信州やまのうち。
こんな遠くの超山岳コースは
当然誰も参加する人はいなくて
また熊チョイオヤジと刺し!

とりあえず志賀道路をモクモクと登る。



サルに熊チョイオヤジが怯んだ隙に
アタック!切り離し成功。
とりあえず
ベタっと8~10%の坂が続く志賀道路は
仮想ターンパイクに最適なので
自分のペースで登らせてもらうことにする。


冬場の難所の空中橋。
夏は絶好の展望台。

信州スキー場巡り?奥志賀林道(9/4)の続きを読む

2010年08月10日

牧馬峠-雛鶴-犬目宿-裏和田


家の近所、栗が・・・・。
季節は確実に移りはじめている。

出発して30分くらいで大雨になったが
一時的、局所的なものだと思うので
そのまま走る。
まだ新しいシューズが・・・・・。


宮ヶ瀬に着くころには太陽が出てきた。
宮ヶ瀬湖の水位はかなり低い。
宮ヶ瀬から土山峠を越えていく県道が
久しぶりに水上に出てきた。
この道昔よく走った、懐かしい・・・。


宮ヶ瀬からいくつもの小峠を越えていく。
この牧馬峠が一番きつい。

牧馬峠-雛鶴-犬目宿-裏和田の続きを読む

2010年07月31日

どんべい峠-鶯宿峠-県道藤田峠ほか

今日は山梨の渋い2つの峠・・・。
みさか桃源郷公園を予定通り8時に出発。

まずはこのイヤらしい御坂みちの登りから。
車がスピードを出して走るので歩道を・・・。


御坂みちを曲がるといきなりの急坂。
アタックしていってしまったと思ったら
すぐに蛇行を始める熊チョイおやじ。
今日は調子良いのか?
走りは相変わらず不安定である。

どんべい峠-鶯宿峠-県道藤田峠ほかの続きを読む

2010年07月24日

信州3本(ヒルクライム週間後半)

日曜の富士3本に続きやけくその?信州3本。


今回のメンバーは富士のメンバーに
月間2000キロ走るPンダーニ選手が参戦。

スタートしようとしたら何と熊チョイおやじの後輪がパンク。
すかさずMずの選手の超高級ホイールを
1日借りうけることにしてすぐホイール交換。
なんとカーボンホイールプラス34-27Tの
超えげつない仕様になってしまった。

道の駅みまきを予定通り7時に出て
クライマーのくせに仕事のストレス(本人談)からか
すっかり坂を登れなくなってしまった熊チョイおやじの
下らないアタックにいちいち反応して疲れて
小1時間、ようやく大河原峠の登り口。


今回は熊チョイおやじと一緒に上る。
Mずの選手とPダーニ選手はずっと先。

でも熊チョイおやじが絶対に前に出てくれないだけでなく
隙を見せるとアタックして蹴落とそうとする
意地の悪さまで見せたので
途中で見捨てることにする。

別荘街でPダーニ選手に追いついたので
そのままアタックをかけて一気に引き離そうとしたら
想定の範囲内だったらしく
冷静に処理されてそのままアタックをつぶされた。
当然ここでTheEnd・・・。そのままPンダーニ選手に負けてしまった。
Mずの選手は当然のことながら余裕の勝利。
この後すべての頂上を余裕で1位通過。


凄い良い天気!

信州3本(ヒルクライム週間後半)の続きを読む

2010年06月05日

牧馬峠-雛鶴-道坂峠-道志(6/5)

コース前半

コース後半


宮ヶ瀬を抜けて牧馬峠を登る。
標高差200m位の峠だが10%を超える部分も多く
意外と手強い。

今日の登りの曲は
諏訪内晶子とチェコフィルとのの共演のメンチャイのCDより
チャイコフスキーバイオリン協奏曲

第1楽章のあの主題は去年のJスポーツの自転車中継の主題歌。
チャイコフスキー国際コンクールチャンピオンの諏訪内お姉さまの
力強いバイオリンソロにのってグングン急坂も登れる・・・・・・・


ハズ・・・。???


時価数億円と言われるストラディバリウス「ドルフィン」が唸る!


篠原のはちみつ屋は3日間の大販売会をやっていて
普段は静かなこの場所が大混雑。

牧馬峠-雛鶴-道坂峠-道志(6/5)の続きを読む

2010年05月08日

第2回 甲武山岳ツーリング

去年に続きこのコースは2回目。
ただ自走で帰ることにしたので猿橋か良くて道志で途中離脱予定。

フルコースだと
夕焼け小焼けP-和田峠-鶴峠-松姫峠-猿橋-鈴懸峠-道坂峠-道志-裏和田
のスーパー山岳コース。


第2回 甲武山岳ツーリング の続きを読む

2009年11月03日

恒例?文化の日甲武3峠紅葉ツーリング


柳沢峠まであと10km位の場所、標高700m位。

恒例の文化の日甲武3峠紅葉ツーリングの日。
今年最低の冷え込みになったこの日の朝、
出発前の奥多摩湖畔は4℃。
丹波への登りが始まってもなかなか暖まらない。
だいたいこの企画はInner-Lowの
勝沼ワイン祭り企画の番外編であるが
去年の反省を踏まえてみんなを待つことなく出発。


熊ちょい企画は最近ハードすぎて
ほとんど変態以外の人は参加できず。
今回も結局熊チョイ師匠とジル兵衛と3人だけになった。
写真は「山燃ゆる」青梅街道を柳沢へ向けて
グングン上る熊チョイ師匠。
今年は体調も良いみたいで十分走りこめていて
ここ何年かのヘタレから脱却し速い速い。
一昨年に引き続き柳沢峠奪取スプリントで負けてしまった。
ここ頂上付近意外と斜度あって充分引きつけたはずが
まだ早く出過ぎたようで刺し返されてしまった。
どうもここ苦手だ。

恒例?文化の日甲武3峠紅葉ツーリングの続きを読む

2009年08月13日

秋葉街道北上(8/12)後編


草木トンネル。
これは三遠南信自動車道の一部として自動車専用に
作られたがその後この先兵越直下の地質が悪く
当該道路は他の場所に通すことになり
この区間は放棄されるという税金の無駄遣いの
象徴のようなトンネル。

でもそのおかげで自転車も通れるようになって
兵越峠のアプローチが少し改善された。


増設されたトンネル内の歩道も広くて走りやすい。
しかも涼しい!


秋葉街道北上(8/12)後編の続きを読む

秋葉街道北上(8/12)前編

三遠南信の泊りがけツーリングにでたPaul君に
最初の1日だけお付き合い。
コースは天竜二俣から酷道といわれる国道152号を
北進してついでに下栗、しらびそ峠も登るというハード設定。

とりあえず中部天竜で待ち合わせ。


9時半にC58やナハネ20、キハ20等が
保存されている天竜二俣駅を出発する。


天竜川に架かる国鉄二俣線未成区間のローゼ5連橋。

秋葉街道北上(8/12)前編の続きを読む

2009年04月29日

GW第一弾山岳

某熊谷の某クライマーが企画した変態山岳ツーリング。

最初は和田峠

某オーベストに追い付かれたり
中央高速抜け道利用の車がガンガンホーン鳴らしたりで
狭い和田峠の上りはカオスな状態。

馬鹿車!こんな狭い道でかっ飛ばして
挙句そこのけそこのけでホーン鳴らしまくるんじゃない!

ただ写真に写ってるのはタクシーなんで
恐らく陣馬山方面の登山客が乗ってると思われる。

GW第一弾山岳の続きを読む

2009年04月11日

雛鶴桜街道(4/11)


寝坊したため車で先回りして宮ヶ瀬で合流。
宮ヶ瀬バス停ロータリーの桜は満開。
メンバーはもりしま様、あじゃさん。

雛鶴桜街道(4/11)の続きを読む

2008年11月03日

文化の日三峠-暗闇からの脱出?

文化の日恒例Inner-Lowワインツアー兼三峠耐久?
コースは
奥多摩湖-柳沢峠-塩山-笹子峠旧道-大月-松姫峠-奥多摩湖
の140km、獲得標高3000mのコース。

紅葉真っ只中の丹波渓谷。

ジルさんと170w(ジル言)でまったり気味に登る。
あじゃさんは沖縄馬車馬状態でどんどん行ってしまい
追いつくかと思っていたが柳沢峠まで追いつかなかった。

あじゃさんは柳沢峠で折り返し
Inner-Lowワインツアーのメンバーは
とりあえず遅れているメンバーを待つので
先を急ぐ三峠メンバーはここでサヨナラ。

黄葉真っ只中の笹子旧道。
ここではアタックした熊チョイさんが
その後B級グルメさんの地味な追い上げに
屈したらしい・・・・。

その後大月までの下り区間を4人のローテーションで飛ばす!
ローテに乗り遅れたB級グルメさんは結局
疲労困憊の上大月で5分ほど後だった。

日暮れまで時間がない!
おっと富士山が!
松姫峠直前で先行していた熊チョイさんに追いつく。

結局暗くなる直前に峠に着いたものの
全員が揃う頃には漆黒の闇に・・・・。
おまけに風が出てきて森が叫んでる!
闇夜のダウンヒルが始まったのだった。


2008年09月13日

何となくクリスタルライン

タイトルはあまりにもべただが・・・。
Nコンサイクリング部と共同企画。
フルーツ公園-太良峠-デンジャラスなサプライズ
-茅ヶ岳広域農道-みずがき湖-増富温泉
-木賊峠-長窪峠-観音峠-昇仙峡-愛宕山-フルーツ公園

ツーリングのはずがアタック合戦に終始。
最初の峠は標高差600mで平均10%近い。
頂上間際でトップの熊チョイさんに対し背後からアタック。
しかし熊よけの鈴のせいでばれてタイヤ半分逃げ切られた。

広域農道はハイペースのアタックの応酬、
みずがき湖へののぼりでは最後引き離しに成功。

木賊峠はやはり急勾配が続くのでクライマーの熊チョイさんに
対して勝ち目はないので急斜面はマイペースで上り
途中の緩斜面で追いつく算段が
後ちょっとで逃げ切られてしまった。

愛宕山は木賊峠と同じ戦法で追いつきカウンターアタック成功。
これで2勝2敗の五分。

フルーツ公園ゴールはそこまでのスーパーアップダウンを
ハイペースでずっと引かされた挙句不意を突かれたアタックに敗北。

結局本日の勝負は2勝3敗。

125km、獲得標高2900mの割には異常に疲れた1日だった。


夏はひまわりで有名な明野も今はコスモス畑。


何か独特の雰囲気が漂う木賊平。
この写真を撮ったせいで熊チョイさんに逃げ切られた。
今日は天気が悪く瑞牆山も富士山も見えなかった。


木賊峠からのスーパーテクニカルDHの後
わざわざ登り返して昇仙峡へ

2008年07月19日

大弛峠-乙女高原-木賊峠-信州峠

今日は熊チョイさん率いる某工学メーカー自転車部の
企画に乗らせていただいた。
ただ大弛だけではちょっとつまんないので
くだりの途中から乙女高原へ抜けクリスタルラインを
木賊峠-信州峠とつないで信濃川上まで走った。
走行距離103kmに対して獲得標高3000余m。

前半の大弛峠
日本最高所の車道峠であり下からの標高差1800m

その後の後半部



熊チョイさん率いる自転車部隊。


大弛中腹から南アルプスを一望。


金峰山に睨まれてのヒルクライム。



とりあえず全員大弛峠に到着。


微妙に寂しい木賊峠。


瑞牆山の荒々しい山容。


偉大な名前の割には異常に寂しい信州峠。

2007年08月25日

乗鞍前日(ああ野麦峠)

乗鞍前日。
途中であじゃ、まき組と合流。

合流後最初にしたことは
奈川渡ダムの見学会。
下から見るアーチ式としては
日本3位の高さの迫力に唖然。



 試走は「坂ゆるいから」というあじゃさんの話を信じて
「あー野麦峠」へ。
でも全然ゆるくなく普通の峠道だった。
標高差は600m。。。
「ああ野麦峠まだですか?」
「ああ野麦峠じゃなくて、ただの野麦峠だよ」

でも頂上に行ってみたら
「ほら石碑もああ野麦峠って書いてある!」

でも調子はまずまず。
明日は頑張るぞ!

2007年07月16日

Inner-Low八ヶ岳合宿

インテRが盗まれてから1ヶ月。
やっと保険もおりて
代わりの車が来た。

GOLF GTIのDSG。

DSGはトルコンと違い
さくさくと気持ちよく変速。
結構面白いかも。

インテRよりだいぶ小さくて
自転車2台積むときつきつ。


2日目出発!

初日は雨なので
ほかのメンバーは走ったが
走らずにアウトレットモールへ。
新素材の薄手の
レインウエアを買った。

2日目は
富士見から大門街道で
白樺湖へ・・・ここだけ雨だった。

帰りは原村から美濃戸口へ


Inner-Low八ヶ岳合宿の続きを読む

2006年02月04日

横須賀海軍カレー


「横須賀海軍カレー」


久しぶりにコルナゴ乗った。
朝比奈を越えて逗子ハイランド越えて
湘南国際村まで登った。
頂上の元町ユニオンで目指す物は・・・
「横須賀海軍カレー」

しかし標高150mのここは
海から何も遮る物が無くて
風が強くて異常に寒かった。


相模湾を眺望?

2005年11月04日

柳沢峠


残念ながら富士山は見えず!


昨日は奥多摩集合で柳沢峠を越えて
勝沼ぶどうの丘へ
家から奥多摩まで自走したため
柳沢峠は結構大変だった。

ぶどうの丘のワイン祭りでは
ワインのみ過ぎ。。。。。
結構頭痛い。

2005年07月25日

麦草峠

高校生だった頃に登ったときは
ここは国道最高地点だった。
その後志賀草津道路が国道に昇格して
渋峠にその座を奪われ
いまは国道で2番目に高いところになっている。

今回はずるをして小海リエックスの駐車場から
スタートした。
ここからだと標高差1500mにもなるこの峠も
標高差が800m弱の普通の峠になる・・・。

2005年07月04日

国道299西進LSD


土曜は飯能で待ち合わせて、まず名栗から山伏峠へ
秩父に出てそのまま299を西進
志賀坂峠(780m)を越えて、さらに十石峠(1355m)へ。


小海線まで下ってガストでビール飲んで終了だった。
あゆは飯能からなので走行距離135km位だったが
後の二人は180km位。いやご苦労!


「これで次の日寝ていたら意味がない」とかずもり氏。
 なるほどと日曜は単独表ヤビツ行ったら
異常にくたびれた上に雨にまで振られた(最悪の42分台)。


でその言い出しっぺは、1日中寝ていたそうな・・・。
これで筑波の8耐はBチームの物だな!

最近の話題

  1. 紅葉のどんべい峠から富士五胡、御坂峠(11/3) 後半
  2. 紅葉のどんべい峠から富士五胡、御坂峠(11/3) 前半
  3. 2014全日本マウンテンサイクリングin乗鞍(9/7)
  4. 道志キャンプツーリング(7/26,27) その2
  5. 道志キャンプツーリング(7/26,27) その1
  6. 山梨マイナー林道と新?3峠(大峠、松姫峠、鶴峠 10/12)
  7. 山梨マイナー林道第3弾 (櫛形林道と丸山林道 9/29)
  8. 山梨マイナー林道第2弾!(9/23 新倉・西川林道、黒野田林道)
  9. 2日続けて半日クリスタルライン (8/9,8/10)
  10. 2013ビーナスライン (7/15)

最近のコメント

Template by Dr.Blog