Search


2012年10月21日

2012水上紅葉ツーリング(10/20)


例年通り、川場田園プラザを出発。
今日は少し暖かい。


今日は熊チョイオヤジのほかに
かつて花見の時期川沿いのサイクリングロード
にしか現れないことからNコンの幻のサイクリストと呼ばれた
P松さんが参加。
まずは無難に石神峠をクリア。


そしていつもの谷川岳スポット。
谷川岳全体がオレンジ色に染まっている。


そして谷川岳をずっと望みつつ
水上諏訪峡へ。
今日はSLが走る日なので
この線路を見下ろす道路には
カメラマンの姿がちらほら。


そしてみなかみSL広場。
このD51745号機だが紛失していた
煙室戸ハンドルが復活していた。
やっとしまった顔になった。
綺麗な保存のためには屋根が欲しいけど
この山と青空をバックにした写真は撮れなくなる。


今回は藤原ダム経由で。


そして奈良俣ダムへ。
ここは部分的に紅葉しているがまだまだ。
やはり1,2週間は遅れているようだ。


そして照葉峡へ。
この1000m付近はやはりまだ色づき始め。


やはり照葉峡が一年で一番賑わうこの時期、
車も観光客もかなり多い。


カエデ類は標高1300mのこの水源の森付近が
かなり良い色付き。

翌日群馬でレースを控えている熊チョイオヤジは
写真撮りながらゆっくり上って更に
鳩待峠はキャンセルするというので
さっさと登って単身鳩待峠に登り
下りで追いつくことにする。
追いつかなかったら戸倉の駐車場で
待ち合わせということで。


ブナに関してはこの標高1620mの
坤六峠でもまだ色づき始めといったところ。
来週もまだ行ける感じ。


標高1620mの坤六峠。
この峠の反対側の紅葉は
ちょうどピーク。



鳩待分岐点、交通規制期間が終わって
監視所は無人になった。


この辺りも標高1500m。
ちょうど紅葉がピークになり始めている。
来週あたりも大丈夫か?


鳩待峠も例年ならば閑散とし始めるこの時期だが
今年は紅葉が遅れているためか
かなりの人出だった。


鳩待峠をキャンセルした二人に
下りで無事追いつき
戸倉のこの店で遅い昼食。


今回はカレーうどん。


足が終了したP松さんのために
花咲峠はやめることに。

まずは120号の対岸の道を走る。


そして120号に合流して
しばらく交通量の多い道を我慢して走る。

そしてこの先利根西小の前を曲がって
かつては国道120号だった
赤倉栗生林道へ。


サミットの栗生トンネルは
かつては素掘りのトンネルだったが
このように拡幅されて綺麗になっているが
隧道内は明かりがすべて消えていて
真っ暗だった。


そして日本一雄大な利根川の河岸段丘の
最上部を走る望郷ラインで川場へ。

この辺りは本登記景色が雄大だ!

そして到着寸前にフロントの変速が調子悪いと
大騒ぎしていた熊チョイオヤジの
F変速機のワイヤーがぷつりと切れたのだった。

本日の走行距離122km 獲得標高2500m。

trackbacks

trackbackURL:

comments

ソロ鳩待峠制覇、乙でした(笑)
天気も紅葉も絶好調!
でも、翌日レースは・・ガックシ結果
前日でのF変速ワイヤー切れの精神的ダメージはやはり大きかったな(爆)
ピナ松さんは、翌日りんご狩りを兼ねて赤城紅葉探索に行ったらしいけど、山頂は早くも色褪せとか!?
次回紅葉狩りin伊豆、ヨロピコ~

  • 熊チョイ
  • 2012年10月22日 00:41

レースの前日にこんなコース走るなんてやっぱり熊チョイ師匠は変態そのものですな。伊豆は3連休の前週ですか?去年は同様な日で色づき始めといったところだったんですよね?そしてその後は房総、そしてマグロ三崎でいよいよ今年の自転車シーズンも終わりですねぇ。2月はまた伊豆多賀の農協祭り?

  • あゆ
  • 2012年10月22日 09:58
comment form
comment form