Search


2010年02月21日

小刻みアタック錬in筑波 (2/21)

月例?の熊チョイ企画?
今回は筑波山、ただ風返峠は凍結の恐れのためなしということで。
集合は道の駅さかい。

宗道付近から、筑波の全容。
今回のメンバーは熊チョイさんともりしま様。
もりしま様ま前日ハーフマラソンを走ったそうで
いやぁ恐れ入ります。

筑波のふもとまで油断すると熊チョイアタックがかかり
それをつぶすのに骨が折れる。
久しぶりに乗った割には元気だなぁ。


つくばりんりん道路より筑波山の横?
この自転車道は一時停止が異常に多くて
やや走りにくい。
筑波鉄道の廃線跡に作ったもので
むかしその筑波鉄道にのって筑波山に何回か言ったことを思い出した。
そういえばこんな景色だったよなぁ。
そしてこのリンリン道路を真壁の駅の跡地で右に折れ、上曽峠へ向かう。
上りの音楽は
G.セル指揮クリーブランド管演奏の新世界より

上曽峠で左に折れきのこ山へ向かう。

きのこ山はパラグライダーのメッカ。
何か所も離陸台があって
ものすごい数のパラグライダーが飛んでいた。
ここから表題のとおりアップダウン開始!


と思ったら一つ目のピークを越えたところで
御覧のように積雪路になってしまい
あえなくUターン。上曽峠に戻る。



昼は筑波の東側にあるこのソバ屋。
なかなか腰があってウマかったと思うが
詳しくは熊チョイおやじのところで・・・



不動峠。
峠直下で先行する熊チョイおやじに追いついたので
そっと近づいていって出しぬきに峠1着取ってやろうと思ったら
気づかれて逃げ切られてしまった。
上りの音楽は
B.ワルター指揮コロンビア響演奏のベートーベン田園
ワルターの田園はさわやか過ぎて登りの音楽としては失敗。


遅れてもりしま様。
いやあ昨日のダメージに負けず何とタフな人だろう。

この峠、筑波スカイラインの高架下になっていて
やや陰気な雰囲気が漂う。
伊豆の船原峠みたいな雰囲気。
そしてこれで筑波ともお別れでござる。


土浦や石岡あたりから見える筑波と同じかたちの筑波南面。
執拗に繰り返される熊チョイアタックをつぶしつつ
4時前には出発地点の道の駅さかいに到着。

次の月例はまぐろかつ丼の三崎、あるいは花の埼玉の予定。

trackbacks

trackbackURL:

comments

にわかアタック錬inつくば、乙かれさまでしたぁ!想定以上の筋疲労で会社では歩行困難な程でした(爆)次回はカラヤン指揮くるみ割り人形を聴きながらお忍びアタックしてくださ~い^^;

  • 熊チョイ
  • 2010年02月22日 22:34
comment form
comment form