2008年11月29日

定例ヤビツ(11/29) #30、#31

これでヤビツ峠も今年30回目の登頂。(30,31回目)。

ところで家を出てすぐまたもやCOSMICのアイレット割れて
いったん家に戻ってホイール付け替えて再出発したら
いつもより1時間遅れの時間になってしまった。


行きの戸沢橋からの大山。
二重笠ならぬ三重笠。
雨降ってるのか?



紅葉は蓑毛手前の青年橋辺りが綺麗。


菜の花台手前8.5キロポスト付近から
表丹沢林道分岐の10.0キロポスト手前まで
約1.2kmが工事のためダートだった。
何か昔の丹沢林道を思い出させるよう。
いっそずっとこのままでも・・・・。


ヤビツ峠はなぜか1本だけ紅葉満開だが
ほかはすべて終了している。

病み上がりのためか途中のダートのためか
疲れた割にはタイムが悪い。
#30 37分53秒 HR161
#31 40分08秒 HR158



宮が瀬の紅葉は今が旬。
やまびこ大橋から旧宮が瀬中心部方面を望む。

表ヤビツ工事についての補足

定例ヤビツ(11/29) #30、#31の続きを読む

2008年11月22日

沖縄参加賞


今年は申し込んだものの不参加だったツールドオキナワ。
もりしま様に参加賞だけ貰って来てもらった。

今年は20周年で気合が入ったせいか
いつものボトルとかでなくって
「素敵な!」琉球ガラスのグラス・・・・・

ってか おいおい
自転車のレースだよ・・・。結構これ貰って困った人いるんでは?

いつも20回目になっったこのレースで思うのが
計画は悪くないと思うが運営の悪いこと。
何かわからないことがあって係員に聞いても
みんな違うことを答えたり
当日朝集合時間直前まで現場を仕切る人が誰もいなかったり
などなど・・・・・・・・。

いつまでたっても運営はローカルな雰囲気のまま・・・。
でも沖縄は永遠にこれでよいのかもしれないと思うようないなってきた。
どんなに大会が大きくなっても素朴さを失わない・・・。
自転車だけでなく沖縄にはまる人が多いのもなるほど。

2008年11月16日

鎌倉で雨に降られた。

午後雨が止み道路も乾いてきたので
昨日のリカバリを兼ねてちょっと走った。

北鎌倉から鶴八前を抜け朝比奈を越えて帰ってきた。

でもこの時期の雨はそんなにあまいものではなく
途中やっぱり降られてしまった。
でも最近雨に降られてもあまり苦にならなくなった。


雨に煙る北鎌倉駅。


太刀洗のコナラの木?の黄葉。
鎌倉でも紅葉が始まった。

2008年11月15日

定例ヤビツ(11/15)

今日は表ヤビツ2本、その後裏を下って
宮ヶ瀬から東南林道を越えて串川に抜けた。

1本目#28
35分22秒 HR165
蓑毛で8分20秒のハイペース。
その後たれ菜の花台23分過ぎ。
その後半端なアタックで無酸素域に入り
その隙にPaul君に30m位離される。
林道入口29分20秒



その後水場に行き菩提峠経由で下に下りた。
写真は菩提峠から見る紅葉。


2本目#29
37分13秒 HR160
やや後方に位置していたPaul君。
追いついてくるかと思ったがいつの間にか消えてた。
蓑毛9分40秒、菜の花台25分、林道入口31分。


今日のヤビツ峠は車も自転車も非常に多かった。
紅葉も見頃。


唐沢林道布川橋まで行って見た。
予想通り見事な紅葉!


江ノ島付近もかなり紅葉が進んできた。
ここから宮ヶ瀬あたりは見頃は来週あたりかな?

2008年11月08日

定例ヤビツ(11/8)

今日は目標表ヤビツ2往復。


Paul君と藤棚で待合せ後、1本目スタート。
すでに雨が降っていて路面もウエット。
今日は抑え気味で行くとの申し合わせも
最初から反故・・・。かなり良いスピード。
羽根林道合流点あたりから先行を許し
表丹沢林道入口ではかすかに見えるだけになってしまった。
結局35分41秒。Paul君おそらく34分台。
雨の中良くやるよ!!!

結局下りで冷えたらしく
Paul君は「温泉に行きます」と
1本だけでリタイヤ。

後は一人で2本目を行くことにした。


途中完全なガスガス。視界10m。
登りでも全開で走れないほど!


ヤビツ峠は今紅葉真っ盛り。
雨に濡れてなかなか綺麗。
タイムはちょっと抑えすぎの38分代後半。

結局この後家に帰るまで雨は止むことはなかった。
でもカッパ着てたので別に苦痛ではなかった。

2008年11月03日

文化の日三峠-暗闇からの脱出?

文化の日恒例Inner-Lowワインツアー兼三峠耐久?
コースは
奥多摩湖-柳沢峠-塩山-笹子峠旧道-大月-松姫峠-奥多摩湖
の140km、獲得標高3000mのコース。

紅葉真っ只中の丹波渓谷。

ジルさんと170w(ジル言)でまったり気味に登る。
あじゃさんは沖縄馬車馬状態でどんどん行ってしまい
追いつくかと思っていたが柳沢峠まで追いつかなかった。

あじゃさんは柳沢峠で折り返し
Inner-Lowワインツアーのメンバーは
とりあえず遅れているメンバーを待つので
先を急ぐ三峠メンバーはここでサヨナラ。

黄葉真っ只中の笹子旧道。
ここではアタックした熊チョイさんが
その後B級グルメさんの地味な追い上げに
屈したらしい・・・・。

その後大月までの下り区間を4人のローテーションで飛ばす!
ローテに乗り遅れたB級グルメさんは結局
疲労困憊の上大月で5分ほど後だった。

日暮れまで時間がない!
おっと富士山が!
松姫峠直前で先行していた熊チョイさんに追いつく。

結局暗くなる直前に峠に着いたものの
全員が揃う頃には漆黒の闇に・・・・。
おまけに風が出てきて森が叫んでる!
闇夜のダウンヒルが始まったのだった。


月別メニュー

Template by Dr.Blog