2005年07月25日

麦草峠

高校生だった頃に登ったときは
ここは国道最高地点だった。
その後志賀草津道路が国道に昇格して
渋峠にその座を奪われ
いまは国道で2番目に高いところになっている。

今回はずるをして小海リエックスの駐車場から
スタートした。
ここからだと標高差1500mにもなるこの峠も
標高差が800m弱の普通の峠になる・・・。

2005年07月18日

JCRC第5戦 

群馬CSCでのJCRC第5戦。
完全に大失敗だった、と言うよりトラブル・・・。
ローリングが終わり、リフト下よりレース開始。
アップダウンをこなし、心臓破りの坂へ。
アウターで踏み倒し、ふと気づくと先頭へ・・・。
やけくそになってそのままアタック!1周目をトップで通過。
何人か付いてきていたので一旦集団へ戻る。
先頭から5番目当たりをキープしつつ、下りを終わり2周目のリフト下へ。
次の登りに備えとりあえず水を飲む。
これが大失敗。
思いっきり気管に入り咳き込んで完全に息が出来なくなった。
一旦止まってとりあえず息は出来るようになったが
半分くらいしか空気が通らない感じ。
先頭はもう見えなくなってるしとりあえず息が出来る位のスピードで
坂を上り、あみこの前でリタイヤしようかと・・・。
でも時計見たら何とか完走できそうなタイムであるので
とりあえずゆっくり走って完走を目指す。まだ空気が半分くらいしか通らないので
インナーで回せない。アウターで坂を上る。
平均速度がどんどん下がる。
とりあえず35人中30番目で完走。
たぶん降級対象・・・・。
結局インナー使わなかった・・・・。

2005年07月16日

表ヤビツ-唐沢林道-半原越

ニュー自転車になった(GIOS)ちあきさんと
相模川の河川敷で待ち合わせして
表ヤビツへ。
ちあきさん結構速くって45分ちょっとだった。
そのまま勢いに乗って唐沢林道へ。
 下りでちあきさんがパンクしてしかもチューブ持ってなかった。
とりあえず空気を時々入れて七沢温泉まで下った。
自転車屋のおばさんに道具借りてパンク修理。
 結局このトラブルでちあきさんの午後の用事が
間に合わなくなったのでどうせだから
もう一個峠越えようと言うことになって
半原越へ・・・・さすがに疲れた。

2005年07月13日

SWISSSTOP

ブレーキシューをSWISSSTOPの黄色い奴に換えてみた。
結果良く効きすぎて前に転がりそうだ。
ちょっとリムのカーボンが削れそうな
音がするのがいやだけど・・・。

2005年07月12日

お祭り

日曜日は午前中だけだったので三浦方面に向かい
衣笠十字路を右折、林に出て、鎌倉江ノ島を回って帰ってきた。
腰越ではお祭りをやっていて山車が出ていた。

2005年07月09日

コリマで表ヤビツ

先日買ったカーボンホイール(コリマ ミディアム)で
表ヤビツ登って、さらに二宮に出て
134沿いに江ノ島経由で戻ってきた。
表ヤビツのタイムは最近では出したことのない
37分台だった。やっぱりタイムは金で買う物か?

 ブレーキなんだがカーボンホイールに
シングルピポットの9000Tiではあまりにも効かなくて
怖いのでフロントだけ77デュラに戻した。

2005年07月06日

秘密兵器

秘密兵器を遂に投入。
カーボンホイール、コリマのミディアム。
でも計ったらカタログ重量よりずいぶん重かった。
早速走ってみたところ、ずいぶん乗り心地が良い。
しかもカーボンフレームのコルナゴに加え
カーボンリムがロードノイズを完全に消し去ってしまって
スピード感が全然なくなってしまった。
でも、いつもより1~2枚重いギヤ踏めるから
きっと速いんだろう?
ただシマノのカーボンリム用のシューつけて走ったのだが
ブレーキの効き方がアルミリムと明らかに違う。
慣れるまで相当怖いかも。

2005年07月04日

国道299西進LSD


土曜は飯能で待ち合わせて、まず名栗から山伏峠へ
秩父に出てそのまま299を西進
志賀坂峠(780m)を越えて、さらに十石峠(1355m)へ。


小海線まで下ってガストでビール飲んで終了だった。
あゆは飯能からなので走行距離135km位だったが
後の二人は180km位。いやご苦労!


「これで次の日寝ていたら意味がない」とかずもり氏。
 なるほどと日曜は単独表ヤビツ行ったら
異常にくたびれた上に雨にまで振られた(最悪の42分台)。


でその言い出しっぺは、1日中寝ていたそうな・・・。
これで筑波の8耐はBチームの物だな!

月別メニュー

Template by Dr.Blog